窪田ミナ

窪田ミナ

1972年2月5日、福岡県生まれ。作・編曲家、ピアニスト。4歳から音楽教育を受け、10代から欧米での演奏旅行を経験。英国王立音楽院を卒業した後、おもに英国で活動。帰国後、2002年にTBS系ドラマ『マイリトルシェフ』の音楽を手がけ、日本で作・編曲家としてデビューした。以後、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』などの人気番組や、CM曲、舞台音楽を多数担当。クラシックからポップスまで、幅広い領域をカバーし活躍する。

窪田ミナのおすすめハイレゾ Hi-Res 76 ハイレゾ一覧

窪田ミナのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 3 ハイレゾアルバム一覧

窪田ミナのおすすめシングル 211 シングル一覧

窪田ミナのおすすめアルバム 6 アルバム一覧

  • アルバム/WOWOW 連続ドラマW「イノセント・デイズ」オリジナル・サウンドトラック/窪田ミナ
  • アルバム/窪田ミナ NHK WORKS/窪田ミナ

    2017/1/23リリース

    窪田ミナ NHK WORKS
    窪田ミナ

    2,160

    30曲収録

  • アルバム/NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック 2/窪田ミナ

    2010/9/15リリース

    NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック 2
    窪田ミナ
    戦争・昭和を舞台にし、特異な漫画家・水木しげると妻・布枝の半生を描いたNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のサントラ第2弾。窪田ミナによる音楽は、感じていた以上に洗練されたサウンドで、ある種の軽さの妙をも醸し出している。ドラマを観ていた時とはまったく異なる印象の音楽として聴ける。 (CDジャーナル)

    2,160

    40曲収録

  • アルバム/NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック/窪田ミナ

    2010/6/16リリース

    NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック
    窪田ミナ
    漫画家・水木しげると布枝夫妻の半生を描いたNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のサントラ。作曲家・ピアニストの窪田ミナの音楽は、気品に満ちたメロディと爽やかなサウンドの楽曲が多く、時にユーモアを交えながら、ドラマのさまざまなシーンに見事な彩りを与えていることがわかる。 (CDジャーナル)

    2,160

    39曲収録

  • アルバム/「僕らのワンダフルデイズ」オリジナル・サウンドトラック/窪田ミナ

    2009/11/4リリース

    「僕らのワンダフルデイズ」オリジナル・サウンドトラック
    窪田ミナ
    竹中直人主演の映画『僕らのワンダフルデイズ』のオリジナル・サウンドトラック。次世代を担う女性作曲家、窪田ミナが音楽を担当。ハートウォームな内容にぴったりの、オーケストラの美しい音色を堪能できる。 (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/モーメント/窪田ミナ

    2008/2/20リリース

    モーメント
    窪田ミナ
    アニメ『ケロロ軍曹』をはじめとして数々のTV番組やCMなどの音楽を手掛ける作編曲家/ピアニストの第1作。打ち込みと弦を組み合わせた色彩感豊かな音にピアノの美しいメロディが乗る「モーメント」、隼人加織のヴォーカルをフィーチャーしたスケールの大きいバラードの「ウンディーネ」など完成度が高い。 (CDジャーナル)

    2,160

    12曲収録

窪田ミナのおすすめ着信音 205 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ