ファジル・サイ

ファジル・サイ

1970年、トルコ生まれ。アンカラ国立音楽院でピアノと作曲を学び、17歳でデュッセルドルフに留学してデヴィッド・レヴァインに師事。92〜95年はベルリン音楽院で学ぶ。95年にニューヨークのヤング・コンサート・アーティスト国際オーディションで優勝したのをきっかけに国際舞台での活躍が始まり、多重録音したピアノ4手版「春の祭典」の超絶的な演奏などで、一躍ポピュラーな存在に。作曲家としても多数の作品を残している。

ファジル・サイのおすすめハイレゾ Hi-Res 36 ハイレゾ一覧

ファジル・サイのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 2 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/ショパン:ノクターン集/ファジル・サイ

    2017/10/25リリース

    ショパン:ノクターン集
    ファジル・サイ
    サイ初のショパン。15曲のノクターンを選曲。内面性を重視した表現が顕著。とりわけ旋律の際立たせ方が出色で、楽想の微妙な明暗や機微を繊細に息づかせているのが印象深い。有名な第2番など装飾音に手を加えたものもあり意表を突くのも一興。ショパンでサイの新たな表現の可能性と深化をみるアルバムだ (CDジャーナル)

    3,240

    FLAC

    24bit/96kHz

    15曲収録

  • ハイレゾアルバム/モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集/ファジル・サイ

    2016/11/16リリース

    モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集
    ファジル・サイ
    サイのモーツァルトというと「トルコ行進曲」編曲版のイメージが強いが、ここではあくまでもモーツァルトの書いた音のみで「サイらしさ」を表現。テンポの揺らし、普段見逃されがちな音型のクローズアップなどによって作品のキャラクター性を強調する。楽しくドラマティックなモーツァルトが楽しめた。 (CDジャーナル)

    6,480

    FLAC

    24bit/96kHz

    55曲収録

ファジル・サイのおすすめシングル 89 シングル一覧

ファジル・サイのおすすめアルバム 4 アルバム一覧

  • アルバム/ショパン:ノクターン集/ファジル・サイ

    2017/10/25リリース

    ショパン:ノクターン集
    ファジル・サイ
    サイ初のショパン。15曲のノクターンを選曲。内面性を重視した表現が顕著。とりわけ旋律の際立たせ方が出色で、楽想の微妙な明暗や機微を繊細に息づかせているのが印象深い。有名な第2番など装飾音に手を加えたものもあり意表を突くのも一興。ショパンでサイの新たな表現の可能性と深化をみるアルバムだ (CDジャーナル)

    2,200

    15曲収録

  • アルバム/モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集/ファジル・サイ

    2016/11/16リリース

    モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集
    ファジル・サイ
    サイのモーツァルトというと「トルコ行進曲」編曲版のイメージが強いが、ここではあくまでもモーツァルトの書いた音のみで「サイらしさ」を表現。テンポの揺らし、普段見逃されがちな音型のクローズアップなどによって作品のキャラクター性を強調する。楽しくドラマティックなモーツァルトが楽しめた。 (CDジャーナル)

    4,500

    55曲収録

  • アルバム/展覧会の絵/ファジル・サイ

    2012/6/20リリース

    展覧会の絵
    ファジル・サイ
    超個性派の人には、いつでも衝撃的な演奏を求めてしまうもの。そういう耳で聴くと余計に、今回は“まとも”な演奏に聴こえてしまう。とはいえ、トップ・レベルの演奏であることに変わりはない。それぞれの作品の下敷きにある民族の色合いもあぶり出されるような、明晰な演奏だ。 (CDジャーナル)

    2,200

    17曲収録

  • アルバム/THE BEST 5(まるご記号) ファジル・サイ/ファジル・サイ

ファジル・サイのおすすめ着信音 27 着信音一覧