岸田繁

岸田繁

1976年4月27日生まれ、京都府京都市北区出身の日本のミュージシャン。ロック・バンド“くるり”のフロントマン。立命館大学産業社会学部在学中にバンド活動を開始。96年9月に“くるり”と命名し、活動を本格化。2枚のインディ・ミニ・アルバム発表後、98年10月にシングル「東京」でメジャー・デビュー。翌年4月、メジャー1stアルバム『さよならストレンジャー』を発表。以後、メンバーチェンジをしながらコンスタントに作品を発表。2004年より京都系バンド中心のフェス“みやこ音楽祭”を開催。2011年、映画『まほろ駅前多田便利軒』の音楽を担当。ソロ名義で同映画のサントラをリリース。鉄道マニアとしても有名。

岸田繁のおすすめシングル 87 シングル一覧

岸田繁のおすすめアルバム 3 アルバム一覧

  • アルバム/管弦楽のためのシチリア風舞曲/岸田繁

    2016/11/23リリース

    管弦楽のためのシチリア風舞曲
    岸田繁

    514

    2曲収録

  • アルバム/岸田 繁のまほろ劇伴音楽全集/岸田繁

     

    岸田 繁のまほろ劇伴音楽全集
    岸田繁
    映画『まほろ駅前』シリーズ2作品の音楽をまとめたもので、ピアノ曲、室内楽、フォーク、電子音楽など岸田の作曲のアイディアをひとつひとつトレースしたような小品が中心だ。映画を観ていなくても、くるりでのソングライティングを紐解くヒントになりそうな曲として丁寧に聴いてみてほしい。 (CDジャーナル)

    1,389

    57曲収録

  • アルバム/まほろ駅前多田便利軒(オリジナル・サウンドトラック)/岸田繁

     

    まほろ駅前多田便利軒(オリジナル・サウンドトラック)
    岸田繁
    同名映画のサウンドトラック。くるりの岸田による、アコースティックな小品からオーケストレーションを駆使した作品まで多彩な楽曲が目まぐるしく飛び出す。レゲエ調「多田と行天」や、短いが印象に残るメロディの「由良公のテーマ」、ストリングスの不協和音が不安をあおる「狂気」など、楽曲のクオリティはさすが。 (CDジャーナル)

    1,234

    28曲収録

岸田繁のおすすめ着信音 2 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ