秦 基博

秦 基博

生年月日:1980年10月11日
出身:宮崎県生まれ横浜育ち

2006年11月にシングル「シンクロ」でメジャー・デビュー。透明かつ繊細でありながら力強さを併せ持つ歌声は“鋼と硝子で出来た声”と称され、圧倒的な歌唱力とライブ・パフォーマンス、日常を切り取った抒情豊かな楽曲で注目を集める。2010年リリースの「BEST OFGREEN MIND ’09」が“弾き語りアルバム”としてはチャート史上、実に10年ぶりのTOP10入りを果たすとともに、2010年10月に発表した3rdアルバム「Documentary」では自己最高位となるアルバム・ランキング3位を記録。第3回CDショップ大賞「準大賞」も受賞し作品としても高い評価を受けた。デビュー以来着実に日本を代表する男性シンガーソングライターへと成長を遂げ、2011年11月にデビュー満5周年を迎えた。5周年を記念した福岡市民会館、大阪城ホール、日本武道館でのスペシャル・ライブも大成功を収め、12月には全編弾き語りによる、福島いわき市での「GREEN MIND FROM FUKUSHIMA」、2ヵ月連続となった日本武道館での「GREEN MIND AT BUDOKAN」を敢行。“ライブ・アーティスト”としてもさらなる成長を遂げた。
2012年は2月に新曲4曲を収録した自身初のEP盤「エンドロールEP」を、5月に菅野よう子×アニメ「坂道のアポロン」とのタッグによる、“秦基博meets 坂道のアポロン”名義のシングル「アルタイル」を、6月には昨年行われた初の大阪城ホール単独公演、全編弾き語りで挑んだ日本武道館公演を映像化したBlu-ray/DVDを2作品同時リリース。さらに10月にはセルフ・プロデュースによるシングル「DearMr.Tomorrow」をリリースするなど積極的な活動を続けた。
2013年は1月に自身初のダブルタイトル・シングル「初恋/グッバイ・アイザック」と通算4枚目となるオリジナル・アルバム「Signed POP」を連続リリース。AL「Signed POP」は緩急自在のポップセンスと独自の視点で描かれた詞世界、そして表情に富む柔らかなボーカリゼーションが見事に結実した一枚となり高く評価され、アルバムを携えた自己最長となる全国ツアー『HATA MOTOHIRO“Signed POP”TOUR 2013』も開催。10月には初のセルフセレクションアルバム「ひとみみぼれ」をリリースし、翌11月にデビュー満7周年を迎えた。そして年末には映像作家・島田大介氏とタッグを組んだスペシャルコラボレーションLIVEを開催するなど精力的な活動を続けるとともに、TVCMソングとしても話題となった楽曲「Girl」が“2013 年間USEN HITJ-POPランキング”1位を獲得するという輝かしい実績を残す一年となった。
2014年は4月に第一弾シングル「ダイアローグ・モノローグ」(4/23)、映像作家・島田大介氏とのコラボレーションLIVE「Hata MotohiroVisionary live 2013 -historia-」のBlu-ray&DVDを連続リリース(4/30)。同日より約2年振りに開催されたアコースティックライブ『GREENMIND 2014』(全国13会場17公演)も全公演SOLD OUTと大盛況のうちに幕を閉じ、8月6日(水)には3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌に起用された「ひまわりの約束」をシングル・リリース。映画の大ヒットを受け、楽曲が各種チャートを席巻し、レコード協会からは有料音楽配信認定シングルトラック「ダブル・プラチナシングル」にも認定される程ロングヒットを記録。同年10月リリースで、「ひまわりの約束」の新録・弾き語り音源を収録した、初の弾き語りベストアルバム「evergreen」は、「第56回輝く!日本レコード大賞」の企画賞も受賞する。2015年4月には、LIVE Blu-ray & DVD「GREEN MIND 2014」、「evergreen」スプリングパッケージをリリース。
また、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニングフィルムに選出され話題沸騰中の映画『あん』(5月30日公開)(監督・脚本:河瀨直美主演:樹木希林)の主題歌「水彩の月」を6月3日にリリース。現在最も注目されるシンガー・ソングライター。

秦 基博のおすすめハイレゾ Hi-Res 53 ハイレゾ一覧

秦 基博のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 7 ハイレゾアルバム一覧

秦 基博のおすすめシングル 75 シングル一覧

秦 基博のおすすめアルバム 9 アルバム一覧

秦 基博のおすすめ着信音 103 着信音一覧

秦 基博のおすすめ歌詞 43 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ