salyu × salyu

salyu × salyu

1980年10月13日生まれ、神奈川県横浜市出身の日本の女性歌手。名前はフランス語の“乾杯”を意味する“Salut”に由来。2000年4月、Lily Chou-Chouとしてシングル2枚、アルバム1枚を発表。映画『リリィ・シュシュのすべて』の核となる楽曲として話題に。2004年6月、Salyuとしてシングル「VALON-1」でデビュー。2005年、1stアルバム『landmark』を発表。以降、独創的な歌唱と存在感で女性シンガーとして不動の地位を確立。2011年からはソロ・プロジェクト“salyu×salyu”も始動。2015年4月、5thアルバム『Android&Human Being』をリリース。

salyu × salyuのおすすめシングル 121 シングル一覧

salyu × salyuのおすすめアルバム 22 アルバム一覧

  • アルバム/Android & Human Being/salyu × salyu

    2015/4/22リリース

    Android & Human Being
    salyu × salyu
    おなじみ小林武史が全曲作詞作曲、プロデュースした、オリジナルとしては5作目。アレンジ面での新鮮さがほしいところだが、強いアタックのある彼女自身のヴォーカルが引き立つ曲が揃っているし、ダンス・ポップ、シンセ・ポップ、バラードまで切り口はさまざま。くるりの佐藤征史、あらきゆうこらが参加。 (CDジャーナル)

    2,160

    12曲収録

  • アルバム/アイニユケル/ライン/salyu × salyu

    2014/2/26リリース

    アイニユケル/ライン
    salyu × salyu
    シングルとしては前作「Lighthouse」以来約2年ぶりとなる、2014年2月26日リリースのシングル。「アイニユケル」「ライン」のダブルAサイドとなっており、2014年の新たなSalyuがうかがい知れる一枚となっている。 (CDジャーナル)

    617

    6曲収録

  • アルバム/photogenic/salyu × salyu

    2012/2/15リリース

    photogenic
    salyu × salyu
    前作『MAIDEN VOYAGE』以来、約5年ぶりの4thアルバム。シンガーとしてのポピュラリティを追求した「LIFE」、桜井和寿と小林武史が手掛けた「青空」、先行となった「Lighthouse」などのシングルを含む、究極の歌声による珠玉の一枚。 (CDジャーナル)

    2,057

    10曲収録

  • アルバム/Lighthouse/salyu × salyu

    2012/2/1リリース

    Lighthouse
    salyu × salyu
    2012年2月1日リリースの16thシングル。Mr.Childrenの桜井和寿と小林武史が手掛けた前作「青空/magic」以来となる「Lighthouse」は、Salyuならではの究極のバラッドに仕上がっている。 (CDジャーナル)

    1,080

    5曲収録

  • アルバム/青空/magic/salyu × salyu

    2011/7/13リリース

    青空/magic
    salyu × salyu
    作詞・作曲をMr.Childrenの桜井和寿、編曲を小林武史が手がけた「青空」と、小林の作詞・作曲・編曲による「magic」を収めた両A面シングル。ほろ苦い気持ちを抱えながらも「あなたが好き」とつぶやく「青空」は、桜井らしい跳躍のあるメロディにSalyuの歌唱力と表現力が光る。 (CDジャーナル)

    463

    2曲収録

  • アルバム/LIFE (ライフ)/salyu × salyu

    2010/8/25リリース

    LIFE (ライフ)
    salyu × salyu
    小林武史プロデュースの「LIFE」は、ストリングスとホーン・セクションをフィーチャーした攻撃的なサウンドと、高らかに歌う力強いヴォーカルとがうまくハマった、パワフルなポップ・ソング。カップリングの方も、トベタ・バジュンがプロデュースしたバラードが秀逸な仕上がり。 (CDジャーナル)

    617

    3曲収録

  • アルバム/MAIDEN VOYAGE/salyu × salyu

    2010/3/24リリース

    MAIDEN VOYAGE
    salyu × salyu
    Salyuのサード・アルバム。ハービー・ハンコックの名曲と同名だが、処女航海と乙女心をダブル・ミーニングしたことに気づく。小林武史をコプロデュースに配しサウンド的に堅牢なストラクチャーを土台に、ソングライティングに専念した結果、伸び伸びとした爽やかな作品に仕上がっている。 (CDジャーナル)

    2,057

    14曲収録

  • アルバム/EXTENSION/salyu × salyu

    2009/8/19リリース

    EXTENSION
    salyu × salyu
    今作のプロデュースは小林武史ではなく、Salyu本人。“背伸び”をテーマにしたガーリィなリリックは、その裏に切実さを孕んでいて女性の共感を呼びそう。ピコピコと電子音が眩しい開放的なサウンドに乗ったヴォーカルは、伸びやかに想いをほとばしらせ、そしてきらめいている。 (CDジャーナル)

    617

    3曲収録

  • アルバム/コルテオ〜行列〜/HALFWAY/salyu × salyu

    2009/2/11リリース

    コルテオ〜行列〜/HALFWAY
    salyu × salyu
    女性シンガーの11枚目となるシングルは、シルク・ドゥ・ソレイユの第8弾公演“コルテオ”日本公演のイメージ・ソングと映画『ハルフウェイ』主題歌の両A面。言葉だけでなく声の表情や仕種で聴く者に何か(それは彼女自身にも明確ではない何か)を伝えようとする強さが伝わってくる。 (CDジャーナル)

    463

    2曲収録

  • アルバム/Merkmal/salyu × salyu

    2008/11/26リリース

    Merkmal
    salyu × salyu
    映画『地下鉄(メトロ)に乗って』主題歌の「プラットホーム」などの珠玉のシングル曲と、カップリングとして輝きを放った楽曲を収録。歌を歌うということに対して彼女自身の中での変化や発見したこと、それを伝えたいという願いが込められている。尊く、現在進行形のベスト・アルバム。 (CDジャーナル)

    2,057

    14曲収録

  • アルバム/iris 〜しあわせの箱〜/salyu × salyu

    2007/11/28リリース

    iris 〜しあわせの箱〜
    salyu × salyu
    女性シンガー、Salyuの10枚目のシングル。ニンテンドーDS用ソフト『レイトン教授と悪魔の箱』の主題歌で、ゲームのストーリーを基に彼女自身が作詞を手がけた美しいバラードだ。 (CDジャーナル)

    617

    3曲収録

  • アルバム/LIBERTY/salyu × salyu

    2007/10/17リリース

    LIBERTY
    salyu × salyu
    サウンド・プロデューサーに渡辺善太郎を迎えた9枚目のシングル。あふれ出す葛藤と衝動を、エモーショナルなヴォーカルに託す。うねりながら迫ってくる高音域は圧巻。今までとは違ったアプローチで、新たなSALYUを感じることができる強靱なロック・チューン。 (CDジャーナル)

    463

    2曲収録

salyu × salyuのおすすめ着信音 27 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ