FUNKY MONKEY BABYS

FUNKY MONKEY BABYS

東京八王子出身、「ファンキー加藤」「モン吉」「DJ ケミカル」の3人が、'04年元旦に結成した2MC1DJの3人組グループ。
06年1月、CDジャケットに東国原英夫 元宮崎県知事(当時そのまんま東氏)を起用したシングル『そのまんま東へ』でメジャーデビュー。 07年1月リリースの『Lovin' Life』がCD セールス20万枚、着うた200万ダウンロードを突破。2007年度上半期 着うたフルR ランキング3位に輝く超ロングヒットを記録、ブレイクを果たす。

2010年2月10日にリリースした初のベストアルバム『ファンキーモンキーベイビーズBEST』は2作連続のオリコンウィークリーランキング1 位を獲得し、19週連続TOP30にランクイン、同年発売上半期アルバムセールスランキング1位に!!85万枚を突破し、「第25回 日本ゴールドディスク大賞」では2010年最も売れたアルバム5枚に選ばれ「第25回 日本ゴールドディスク大賞 ザ・ベスト5アルバム」を受賞した。

同年8月にリリースのシングル『あとひとつ』が2010ABC 夏の高校野球応援ソングとして、世代を超えて大ヒットし、「第43 回日本有線大賞」有線音楽優秀賞受賞!「ベストヒット歌謡祭2010」ゴールドアーティスト賞受賞!「輝く!日本レコード大賞」作曲賞受賞!と数多くの賞を受賞した。 2011年12月には2年10カ月振りのオリジナルアルバム「ファンキーモンキーベイビーズ4」をリリースし、なみいる強豪を抑えアルバム3作連続のオリコンウィークリーランキング1位を獲得。前年に続いて「輝く!日本レコード大賞」優秀作品賞を受賞し2 年連続の出演。

「NHK 紅白歌合戦」には3年連続出演。2012年9月8日、9日に横浜スタジアム、同29日に京セラドーム大阪でのワンマンライブで9万5千人を集め大成功を収めた。 今年、12月30日に行われる「第54回 輝く!日本レコード大賞」にて『ファンキーモンキーベイビーズ4』が優秀アルバム賞を受賞。「第63回NHK紅白歌合戦」に4年連続出場と人気絶頂の中、11月29日に来春以降のグループ解散を発表している。現在までに20枚のシングルと5枚のアルバム、5枚のDVD をリリース。

FUNKY MONKEY BABYSのおすすめシングル 204 シングル一覧

FUNKY MONKEY BABYSのおすすめアルバム 9 アルバム一覧

  • アルバム/10th Anniversary BEST ”YELL”/FUNKY MONKEY BABYS

    2016/1/25リリース

    10th Anniversary BEST ”YELL”
    FUNKY MONKEY BABYS
    メジャー・デビュー10周年を記念した、2016年1月25日リリースのベスト・アルバム。頑張っている人、一歩踏み出そうとしている人を応援する応援歌ばかりを集めた一枚。 (CDジャーナル)

    1,800

    13曲収録

  • アルバム/10th Anniversary BEST ”LOVE”/FUNKY MONKEY BABYS

    2016/1/25リリース

    10th Anniversary BEST ”LOVE”
    FUNKY MONKEY BABYS
    メジャー・デビュー10周年を記念した、2016年1月25日リリースのベスト・アルバム。バレンタインや誕生日など大切な人との記念日を演出する、ラヴ・ソングを集めた一枚。 (CDジャーナル)

    1,800

    13曲収録

  • アルバム/ファンキーモンキーベイビーズLAST BEST/FUNKY MONKEY BABYS

    2013/3/27リリース

    ファンキーモンキーベイビーズLAST BEST
    FUNKY MONKEY BABYS
    2004年に結成され、2013年6月開催のコンサートをもって解散となる男性3人編成グループによるベスト・アルバム。自身らのセレクションとファンのセレクションを中心に、ヒット曲やライヴでの人気曲、タイアップ曲など、ユニークでキャッチーなナンバーがぎっしり詰まっている。 (CDジャーナル)

    3,291

    39曲収録

  • アルバム/ファンキーモンキーベイビーズ5/FUNKY MONKEY BABYS

    2012/12/26リリース

    ファンキーモンキーベイビーズ5
    FUNKY MONKEY BABYS
    2012年12月26日リリースの5thアルバム。フジテレビ系ドラマ『早海さんと呼ばれる日』主題歌「この世界に生まれたわけ」や「LIFE IS A PARTY」「サヨナラじゃない」といったシングルを含む、2012年を締めくくる注目作。 (CDジャーナル)

    2,057

    14曲収録

  • アルバム/ファンキーモンキーベイビーズ4/FUNKY MONKEY BABYS

    2011/12/21リリース

    ファンキーモンキーベイビーズ4
    FUNKY MONKEY BABYS
    およそ2年半ぶりにリリースされた通算4枚目。パンキッシュで軽快な冒頭曲で始まり、AOR風の「八王子純愛物語」、ストリングスが感動的な「あとひとつ」など、ヴァラエティ豊かなアレンジに貫禄すら感じさせる。ハイライトは「未来の君へ」で、総勢50人を超える子供たちのコーラスは感動的だ。 (CDジャーナル)

    2,057

    15曲収録

  • アルバム/ファンキーモンキーベイビーズBEST/FUNKY MONKEY BABYS

    2010/2/10リリース

    ファンキーモンキーベイビーズBEST
    FUNKY MONKEY BABYS
    2010年最初の大ヒット・アルバムと言っても過言ではない、2MC&1DJのヒップホップ・ユニットによるベスト盤。とにかくどこから聴いてもキラー・チューンの嵐で、ポップで切なくてキャッチーなメロディが飛び込んでくる。ズドンとまっすぐに心に届いてくる歌詞にも注目。 (CDジャーナル)

    3,086

    24曲収録

  • アルバム/ファンキーモンキーベイビーズ3/FUNKY MONKEY BABYS

    2009/3/4リリース

    ファンキーモンキーベイビーズ3
    FUNKY MONKEY BABYS
    疾走感漂うポップ・サウンドを軸に、ストレートな感情を焙り出す言葉がちりばめられている3作目。「希望の唄」「桜」「旅立ち」「告白」「風」「雪が降る街」と既発表曲を多く含む、そのキャッチーさもいいが、淡いメロディと絵画的なリリックが印象的な「ナツミ」という佳曲の発見に、アルバムならではの娯楽性を感じた。 (CDジャーナル)

    1,852

    12曲収録

  • アルバム/ファンキーモンキーベイビーズ2/FUNKY MONKEY BABYS

    2007/12/12リリース

    ファンキーモンキーベイビーズ2
    FUNKY MONKEY BABYS
    いまやケツメイシをしのぐおセンチ・ヒップホップ・ソングを連発する、2MC1DJのユニットによるセカンド・アルバム。スマッシュ・ヒット・シングル2、3、5曲目以外にも、珠玉の名曲がぎっしり。個人的には大学生活を送った八王子の描写にウルッときました。 (CDジャーナル)

    1,645

    11曲収録

  • アルバム/ファンキーモンキーベイビーズ/FUNKY MONKEY BABYS

    2006/7/19リリース

    ファンキーモンキーベイビーズ
    FUNKY MONKEY BABYS
    東京・八王子出身、2004年に結成した2MC&1DJによるファースト・アルバムは、ディスコ、レゲエ、ロックンロールなどジャンルを超越したヒップホップを堪能させる仕上がり。シングル曲(1)(2)(5)を含め、充実のコーラス・ワークも聴き応え満点といえる。 (CDジャーナル)

    1,852

    13曲収録

FUNKY MONKEY BABYSのおすすめ着信音 106 着信音一覧

FUNKY MONKEY BABYSのおすすめ歌詞 68 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ