東京事変

東京事変

2004年、椎名林檎が東京事変の活動を表明。フジロックフェスティバルに初参戦、ホワイトステージのヘッドライナーを務め、入場規制がかかるほどの衆目を集める。デビューシングル「群青日和」、1stアルバム『教育』をリリース。 05年、伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人(アダルト)』がチャート第一位を獲得。 06年、08年には複数のアーティストを招いてのイベント「SOCIETY OF THE CITIZENS」を主宰した。 07年3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』、10年4thアルバム『スポーツ』、11年5thアルバム『大発見』とテレビのチャンネル名を冠したオリジナルアルバムをリリース。 2012年1月解散を発表。 メンバー全員が夫々作詞作曲した楽曲を持ち寄ったラストアルバム『color bars』リリース。 2月に「東京事変live tour 2012 Domestique Bon Voyage」を開催、2月29日の日本武道館公演をもって活動を終了する。

◆vox 椎名林檎(シイナリンゴ)

1978年11月25日生まれ
午年 福岡市出身

音楽家(作詞作編曲及び実演)
1998年デビュー 1stアルバム『無罪モラトリアム』、2ndアルバム『勝訴ストリップ』が共にミリオンセラーを記録。
2004~2012年は東京事変の活動も並行。
映画「さくらん」、舞台「エッグ」「三人吉三」の音楽制作、TVドラマ「カーネーション」「ATARU」「○○妻」他主題歌を手掛けるなど多角的に活躍。SMAP TOKIO石川さゆり 真木よう子を始めアーティストへの楽曲提供/プロデュースも精力的に行っており、2014年に提供楽曲ばかりを収録した初のセルフカバーアルバム『逆輸入~港湾局~』をリリース。同年6月ワールドカップ開催に際してのオファーに応えNHKサッカーテーマソング「NIPPON」を発表。11月には5年半ぶりとなるオリジナルアルバム『日出処』をリリースし、アリーナツアー「林檎博’14 ?年女の逆襲-」を開催。
第31回 日本アカデミー賞 優秀音楽賞、 平成二十年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

◆key 伊澤一葉(イザワイチヨウ)

1976年7月4日生まれ
辰年 倉敷市出身

4歳からピアノを始める。中2よりギターを始め、それと共にバンド活動開始。高校生時代からボーカルも務める。大学入学と同時に上京。新たなバンドと共に作曲活動も行う。2004年、バンドあっぱを結成。 2005年より東京事変に参加。

◆bass 亀田誠治(カメダセイジ)

1964年6月3日生まれ
辰年 NY出身

89年、アレンジャー、プロデューサー、ベースプレイヤーとして活動を始める。
これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツをはじめDo As Infinity、スガ シカオ、Chara、アンジェラ・アキ、エレファントカシマシ、秦 基博、JUJU、MIYAVI vs KREVA、植村花菜、チャットモンチー、WEAVERなど数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。

◆guitar 浮雲(ウキグモ)

1978年10月7日生まれ
午年 千葉市出身

9歳からピアノ、中1からギターを始める。 大学在学中よりギタリストとしての活動を始める。 2002年椎名林檎のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』にギタリストとして参加。アナログ盤にのみ収録された「映日紅の花」の楽曲提供を経て2005年より東京事変に参加。

◆drums 刄田綴色(ハタトシキ)

1976年10月5日生まれ
辰年 島根県出身

幼少よりお神楽、和太鼓に親しむ。中学・高校とブラスバンド部に在籍(Perc担当)。 高3からドラマーとしてバンド活動を始める。18歳で上京。多くのアマチュアバンドでドラム、パーカッションを掛け持つ。1998年バンド「scope」結成(2003年脱退)。2003年、椎名林檎の実演ツアー「雙六エクスタシー」に参加。翌2004年、椎名らと共に東京事変の活動を開始。

東京事変のおすすめシングル 134 シングル一覧

東京事変のおすすめアルバム 17 アルバム一覧

東京事変のおすすめ着信音 101 着信音一覧

東京事変のおすすめ歌詞 78 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ