Kazumi Tateishi Trio

Kazumi Tateishi Trio

Piano / Arrange 立石一海 Kazumi Tateishi
12歳よりエレクトーンをはじめ、中学高校で吹奏楽部、大学ではビッグバンドに所属し、フルート、サックス、ピアノ及び指揮、コンサートマスターをつとめる。在学中より村田陽一グループ他にてプロ活動をスタート。大学卒業後レコード会社にてジャズ・ディレクター、A&Rとして国内外の様々なアーティストを手掛けると同時に、ピアニスト、アレンジャーとしてレコーディングやライブサポートにも参加。その後、プロデューサー、作編曲家、ピアニストとして独立。ピアノトリオ、カルテット、ビッグバンドなどのユニットにて都内のライブハウスを中心に活動をつづける。近年は舞台やテレビドラマ、映画における劇中音楽、CMなどの作曲、演奏等でも活躍中。2010年、2011年に秦建日子作・演出、秦組公演「らん」にて作曲、生演奏を、宅間孝行作・演出、東京セレソンデラックス2011年本公演「わらいのまち」にて全作曲、編曲、演奏を担当。2012年にはNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」にピアニスト役で出演、演奏を行うなど、様々な分野で活躍中。

Bass 佐藤 忍 Shinobu Sato
大学のJazz研にてJazzを学び、様々なセッション等に参加。ジェズフェスティバルや映画音楽等においても幅広い活動を行う。クラシックの分野でも活躍中。作曲家でもあるピアニストブルース・スタークとユニットを組み 96年から99年までオペラ歌手の錦織健、フランス在住のフルート奏者工藤重典のCD に参加し、コンサート活動も行う。現在、様々なグループ、トリオ等に参加。ツアーや都内のライブハウスを中心に活動中。ジャンルにとらわれず深く豊かな音色と確かなリズムで良い音楽を提供する事を信条としている。
参加CD:「Tokyo Time Zone」Rick Overto / 「Before The Dawn」工藤重典 /「Voices 」 Bruce Strake / 「Introducing」菅野義孝 / 「BUENOS AIRES 1952」大橋祐子

Drums 鈴木麻緒 Mao Suzuki
父親が音楽好きだった為、小さな頃から家ではいつも音楽が流れていた。小学6年生の時に吹奏楽部に入部。パーカッションを始める。中学、高校と吹奏楽部に所属し、パーカッションやドラムを経験。大学入学と同時にモダンジャズ研究会に入りジャズドラムを始める。在学中よりセッションに通い、大学卒業と同時に就職。勤務の傍らジャズドラマー木村由紀夫氏に師事。数年後退職し、プロとしての活動を開始。現在も主に都内ライブハウス、イベント等での演奏活動を行う他、全国の小中高等学校をツアー。音楽鑑賞会でも演奏を行う。また、小学生~高校生ビッグバンドでのドラムの指導など、様々な分野で活動中。

Kazumi Tateishi Trioのおすすめシングル 123 シングル一覧

Kazumi Tateishi Trioのおすすめアルバム 10 アルバム一覧

  • アルバム/Christmas meets Jazz/Kazumi Tateishi Trio

    2017/11/29リリース

    Christmas meets Jazz
    Kazumi Tateishi Trio

    1,543

    10曲収録

  • アルバム/はるなつあきふゆ〜童謡・唱歌JAZZ〜/Kazumi Tateishi Trio

    2014/10/22リリース

    はるなつあきふゆ〜童謡・唱歌JAZZ〜
    Kazumi Tateishi Trio
    2010年のジブリ作品集から始まった“ミーツ・ジャズ”シリーズも6作目となったが、この一枚は、シリーズ中でも異色と言うか、面白さがちょっと違う。テーマとなる旋律がシンプルで短いゆえに、さまざまなワザやノリを繰り出しており、これが実にジャズなのだ。後半「〜狸ばやし」以降が特に面白い。 (CDジャーナル)

    1,543

    14曲収録

  • アルバム/GHIBLI meets JAZZ 〜Memorable Songs〜/Kazumi Tateishi Trio

    2013/3/20リリース

    GHIBLI meets JAZZ 〜Memorable Songs〜
    Kazumi Tateishi Trio
    前作『ビューティフル・ソングス』の好評を受けて登場した第2弾。ゆったりとした楽曲メインの選曲を軸に、工夫たっぷりのアレンジと、柔らかく耳にやさしい演奏が花を添えるリラクシング・ジャズ。ボーナス曲の「パンダコパンダ」で少々はじけてみせても、優しい印象は変わらない快適系。 (CDジャーナル)

    1,851

    16曲収録

  • アルバム/GHIBLI meets JAZZ 〜Beautiful Songs〜/Kazumi Tateishi Trio

    2013/3/20リリース

    GHIBLI meets JAZZ 〜Beautiful Songs〜
    Kazumi Tateishi Trio
    中高校のブラスバンドから大学ではジャズ・オーケストラに入部、在学中からプロとして活動した立石一海。その後はピアニスト、アレンジャーなどで活躍。本作はジブリ映画の名曲をジャズ化。ジャズにしてもそこは名曲、映画の場面がくっきりと浮かぶ人も多いはず。ジャズはとても良い意味で悪食なのだと思う。 (CDジャーナル)

    1,851

    16曲収録

  • アルバム/帰らざる日々〜Live in Korea 2013/Kazumi Tateishi Trio
  • アルバム/JAZZで聴くはるのうた/Kazumi Tateishi Trio
  • アルバム/JAZZで聴くふゆのうた/Kazumi Tateishi Trio
  • アルバム/CINEMA meets JAZZ〜ひこうき雲〜/Kazumi Tateishi Trio

     

    CINEMA meets JAZZ〜ひこうき雲〜
    Kazumi Tateishi Trio
    これまでジブリやアニメの名作を素材にしてきたシリーズの第5作は、日本映画がテーマ。立石一海、佐藤忍、佐藤麻緒のピアノ・トリオによるアレンジは“ジャズじゃなければ表現しえない繊細さ”を確かに宿しつつ、原曲の良さをあぶり出すのに成功している。 (CDジャーナル)

    1,543

    11曲収録

  • アルバム/JAZZで聴くふゆのうた 2/Kazumi Tateishi Trio
  • アルバム/ANIME meets JAZZ〜Cheerful Songs〜/Kazumi Tateishi Trio

     

    ANIME meets JAZZ〜Cheerful Songs〜
    Kazumi Tateishi Trio
    日本人なら誰もが知っているアニメの有名テーマ・ソングをジャズにアレンジした企画盤。立石一海、佐藤忍、鈴木麻緒のピアノ・トリオによる演奏は小粋でかつ抑制が効いており「ドラえもんのうた」「サザエさん」といった、ちょっとベタ過ぎる素材すら上手く料理し仕上げている。 (CDジャーナル)

    1,543

    15曲収録

Kazumi Tateishi Trioのおすすめ着信音 55 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ