元ちとせ

元ちとせ

1979年1月5日、鹿児島県奄美大島生まれの歌手。小学生のころから島唄を習い始め、数々の大会で優勝するなど才能を開花させる。高校卒業後に歌手を目指し上京。96年にインディで『故郷・美ら・思い』をリリース。2002年2月、シングル「ワダツミの木」でメジャー・デビューし、一気にブレイクを果たす。“日本の原風景を感じさせる”といわれる圧倒的な声が魅力。結婚・出産による休養を挟みながらもコンスタントに作品を発表、中孝介とのユニット“お中元”としても活躍するなど、奄美大島に生活の拠点を置きながら精力的な活動を展開。

元ちとせのおすすめシングル 155 シングル一覧

元ちとせのおすすめアルバム 18 アルバム一覧

  • アルバム/元唄(はじめうた)〜元ちとせ 奄美シマ唄集〜/元ちとせ

    2018/11/14リリース

    元唄(はじめうた)〜元ちとせ 奄美シマ唄集〜
    元ちとせ
    元ちとせの7曲入りミニ・アルバム。自身が生まれ育った地であり、自身の唄の原点である“奄美のシマ唄”にあらためて向かい合い、歌い上げた作品。同郷出身のアーティスト、中孝介が数曲でゲスト参加している。 (CDジャーナル)

    1,500

    7曲収録

  • アルバム/平和元年/元ちとせ

    2015/7/22リリース

    平和元年
    元ちとせ
    平和への思いを込めたカヴァー・アルバム。ここまで戦争を直接扱った作品も珍しく、悲惨さを包み隠さず表現した楽曲が彼女独特の奄美民謡的な歌い回しで歌われることで、その生々しさが際立っている。この生々しさこそが、胸に留めておくべき事実だと感じる。歌だから伝わるものもあると実感する作品。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/語り継ぐこと/元ちとせ

    2012/10/24リリース

    語り継ぐこと
    元ちとせ
    デビュー10年という節目に発表された奄美大島出身の女性シンガーのベスト盤。「ワダツミの木」「いつか風になる日」「千の夜と千の昼」など代表曲を収めたDVD付2枚組。島唄を通して培った独特の節回しは曲調によらず不変で、歌い手としての表現力の豊かさをあらためて思い知らされる。 (CDジャーナル)

    2,100

    15曲収録

  • アルバム/永遠の調べ/元ちとせ

    2011/8/31リリース

    永遠の調べ
    元ちとせ
    3年ぶりのシングル。スコットランド民謡のメロディに、新たに日本語の歌詞をつけた「永遠の調べ」は、惜別の歌。ハープとストリングスのきらめく音色は、空から降り注ぐ光の帯のごとく静かな喜びをたたえた辞世の句を照らす。元ちとせのとれたて野菜のような生命力に満ちた力強い声が胸に迫る。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/カッシーニ/元ちとせ

    2008/7/16リリース

    カッシーニ
    元ちとせ

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/蛍星/元ちとせ

    2008/7/2リリース

    蛍星
    元ちとせ

    750

    3曲収録

  • アルバム/あなたがここにいてほしい/ミヨリの森/元ちとせ

    2007/8/22リリース

    あなたがここにいてほしい/ミヨリの森
    元ちとせ

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/ハナダイロ/元ちとせ

    2006/5/10リリース

    ハナダイロ
    元ちとせ

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/春のかたみ/元ちとせ

    2006/3/8リリース

    春のかたみ
    元ちとせ

    750

    3曲収録

  • アルバム/語り継ぐこと/元ちとせ

    2005/11/23リリース

    語り継ぐこと
    元ちとせ
    2年ぶりのシングルだが、声はまろやかさを増したようで、スケール・アップした。タイトル曲は、スキマスイッチの常田真太郎がプロデュース。淡々とした雰囲気のなかに元ちとせの個性を巧くあぶり出して、印象深い作品に仕上げている。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/完全収録ライヴCD 元ちとせ「冬のハイヌミカゼ」/元ちとせ
  • アルバム/ノマド・ソウル/元ちとせ

    2003/9/3リリース

    ノマド・ソウル
    元ちとせ

    2,100

    10曲収録

元ちとせのおすすめ着信音 66 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ