Sean Paul

Sean Paul

2000年に1stアルバム 『Stage One』 でデビューしたショーン・ポールは、2002年の2nd 『ダッティ・ロック』 で本格的にブレイク。 1stシングル 「ギミー・ザ・ライト」 が全米7位を記録、2ndシングル 「ゲット・ビジー」 は全米3週1位となり、 ジャマイカ出身アーティストのジャマイカ録音の作品としては史上初の全米1位に輝く。

続く 「ライク・グルー」 「アイム・スティル・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」 も連続ヒット。
2003年にはビヨンセとの共演曲 「ベイビー・ボーイ」 が全米9週1位となり人気を決定付け、 アルバム 『ダッティ・ロック』 は全米でダブル・プラチナ・セールスに認定。

2005年には3rd 『ザ・トリニティー』 を発表。
「ウィ・ビー・バーニン」 「ギヴ・イット・アップ・トゥ・ミー」 、そして全米1位となった 「テンプラチャー」 など再びヒットを連発し、 アルバムは全米でプラチナ・セールスに認定。2009年には4th 『インペリアル・ブレイズ~帝王激炎~』 を発表。
シングル 「ソー・ファイン」 がスマッシュ・ヒットとなる。

ヒップホップ/R&Bシーンからも大きなリスペクトを受ける彼は、ジャンルを越えて絶大な人気を誇り、 ダンスホール・レゲエを世界に広める最重要アーティストとして活躍。 約3年ぶりとなるこの新作ではパンクを思わせるモヒカン・ルックに加え、 スターゲイトやベニー・ブランコらPOP/R&B系の制作陣を起用するなど、常に挑戦を忘れない世界屈指のアーティストである。

Sean Paulのおすすめシングル 255 シングル一覧

Sean Paulのおすすめアルバム 18 アルバム一覧

Sean Paulのおすすめ着信音 78 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ