amazarashi

amazarashi

青森県を拠点とするロック・バンド。2007年に前身バンド“STAR ISSUE”を結成し、のちに“あまざらし”に改名。2010年には“amazarashi”に表記変更。秋田ひろむ(vo,g)と豊川真奈美(key)を中心とするが、ライヴでも一切姿を見せない独特の世界観で活動を展開。2009年にデビューし、翌年にミニ・アルバム『爆弾の作り方』でメジャーへ進出。2013年には中島美嘉への提供曲「僕が死のうと思ったのは」で話題に。2017年に初のベスト・アルバム『メッセージボトル』を発表。同年に4作目のアルバム『地方都市のメメント・モリ』をリリース。

amazarashiのおすすめハイレゾ Hi-Res 81 ハイレゾ一覧

amazarashiのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 8 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/地方都市のメメント・モリ/amazarashi

    2017/12/13リリース

    地方都市のメメント・モリ
    amazarashi
    青森県に住む秋田ひろむを中心とするバンドの4枚目となるアルバム。爆音で暴れまくるバンド・サウンドをバックに、秋田がひたすらシリアスで真摯な歌を聴かせていて、悲痛とすらいえるその叫びに引き込まれてしまう。ポエトリー・リーディングのスタイルもスリリングで秀逸だ。 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/48kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/空に歌えば/amazarashi

    2017/9/6リリース

    空に歌えば
    amazarashi
    前作「命にふさわしい」に続く2017年第2弾シングル。表題曲は日本テレビ系アニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニング・テーマ。青空に向かって伸びるようなヴォーカルで歌われている (CDジャーナル)

    2,000

    FLAC

    24bit/48kHz

    5曲収録

  • ハイレゾアルバム/メッセージボトル/amazarashi

    2017/3/29リリース

    メッセージボトル
    amazarashi
    バンドの核であり作詞作曲を手がけるヴォーカル兼ギターの秋田ひろむが選曲した初のベスト・アルバム。彼らの“音楽性、方向性を決定づけた曲”である「光、再考」を冒頭に配し、鮮烈かつ独創的な詩世界に浸れる全26曲をCD2枚に収録。アートワークを手がけたのは盟友YKBK (CDジャーナル)

    4,400

    FLAC

    24bit/48kHz

    26曲収録

  • ハイレゾアルバム/命にふさわしい/amazarashi

    2017/2/22リリース

    命にふさわしい
    amazarashi
    NieRシリーズのディレクター、ヨコオタロウとamazarashiの秋田ひろむの交流から生まれたコラボレーション作品。退廃した世界で生きるアンドロイドが主役のゲームソフト『NieR:Automata』の儚い物語とシンクロした、虚無に投じる美しく力強い命の賛歌 (CDジャーナル)

    1,600

    FLAC

    24bit/48kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/虚無病/amazarashi

    2016/10/12リリース

    虚無病
    amazarashi
    邦人5人組ロック・バンドのミニ・アルバム。物憂げなヴォーカルと文学的な歌詞がマッチし、ダークで叙情的な世界を構築している。中島美嘉に楽曲提供した「僕が死のうと思ったのは」のセルフ・カヴァーも収録。USインディ音楽とのシンクロも随所で垣間見せる (CDジャーナル)

    2,000

    FLAC

    24bit/48kHz

    5曲収録

  • ハイレゾアルバム/世界収束二一一六/amazarashi

    2016/2/24リリース

    世界収束二一一六
    amazarashi
    攻撃的なギターを前面に押し出す「季節は次々死んでいく」「スピードと摩擦」と、TVアニメのタイアップ2曲を含む3作目のフル・アルバム。過去最高に重厚でダイナミックなサウンドに乗せ、現実社会への警告と違和感をぶちまける歌詞の鋭さもこれまで以上。絶望の果てに希望を探す真摯な音楽だ (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/48kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/スピードと摩擦/amazarashi

    2015/8/19リリース

    スピードと摩擦
    amazarashi
    TVアニメ『乱歩奇譚 Game of Laplace』のOPテーマ曲を含むセカンド・シングル。疾走感と情緒をまとったエレクトロニカ〜エモを背景に死の予感を孕んだ性を自動書記的に綴っていく表題曲は、官能という名の詩情をひたすら生々しく前景化している。韻への意識がまた、歌を詩として成立させている (CDジャーナル)

    1,600

    FLAC

    24bit/48kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/夕日信仰ヒガシズム/amazarashi

    2014/10/29リリース

    夕日信仰ヒガシズム
    amazarashi
    青森在住の秋田ひろむ(vo、g)と豊川真奈美(key)によるロック・バンドの3年ぶりフル・アルバム。熱をはらんだ鋭い歌声と繊細なポエトリーリーディングの使い分け、激情のロック曲やバラード、トリッキーなポスト・ロックなど曲調の硬軟を、歌詞とともに物語性を持って聴かせる作品だ (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/48kHz

    12曲収録

amazarashiのおすすめシングル 169 シングル一覧

amazarashiのおすすめアルバム 17 アルバム一覧

  • アルバム/地方都市のメメント・モリ/amazarashi

    2017/12/13リリース

    地方都市のメメント・モリ
    amazarashi
    青森県に住む秋田ひろむを中心とするバンドの4枚目となるアルバム。爆音で暴れまくるバンド・サウンドをバックに、秋田がひたすらシリアスで真摯な歌を聴かせていて、悲痛とすらいえるその叫びに引き込まれてしまう。ポエトリー・リーディングのスタイルもスリリングで秀逸だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/空に歌えば/amazarashi

    2017/9/6リリース

    空に歌えば
    amazarashi
    前作「命にふさわしい」に続く2017年第2弾シングル。表題曲は日本テレビ系アニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニング・テーマ。青空に向かって伸びるようなヴォーカルで歌われている (CDジャーナル)

    1,200

    5曲収録

  • アルバム/メッセージボトル/amazarashi

    2017/3/29リリース

    メッセージボトル
    amazarashi
    バンドの核であり作詞作曲を手がけるヴォーカル兼ギターの秋田ひろむが選曲した初のベスト・アルバム。彼らの“音楽性、方向性を決定づけた曲”である「光、再考」を冒頭に配し、鮮烈かつ独創的な詩世界に浸れる全26曲をCD2枚に収録。アートワークを手がけたのは盟友YKBK (CDジャーナル)

    3,000

    26曲収録

  • アルバム/命にふさわしい/amazarashi

    2017/2/22リリース

    命にふさわしい
    amazarashi
    NieRシリーズのディレクター、ヨコオタロウとamazarashiの秋田ひろむの交流から生まれたコラボレーション作品。退廃した世界で生きるアンドロイドが主役のゲームソフト『NieR:Automata』の儚い物語とシンクロした、虚無に投じる美しく力強い命の賛歌 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/虚無病/amazarashi

    2016/10/12リリース

    虚無病
    amazarashi
    約3年ぶり(2016年時)となるミニ・アルバムは、秋田ひろむが書き下ろした小説『虚無病』を軸にライヴ・映像とリンクしたコンセプト作品!

    1,200

    5曲収録

  • アルバム/世界収束二一一六/amazarashi

    2016/2/24リリース

    世界収束二一一六
    amazarashi
    現実に立ち向かうすべての人へ。 待望の3rd Full Album リリース!

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/スピードと摩擦/amazarashi

    2015/8/19リリース

    スピードと摩擦
    amazarashi
    TVアニメ『乱歩奇譚 Game of Laplace』のOPテーマ曲を含むセカンド・シングル。疾走感と情緒をまとったエレクトロニカ〜エモを背景に死の予感を孕んだ性を自動書記的に綴っていく表題曲は、官能という名の詩情をひたすら生々しく前景化している。韻への意識がまた、歌を詩として成立させている。 (CDジャーナル)

    800

    4曲収録

  • アルバム/あまざらし 千分の一夜物語 スターライト/amazarashi

    2015/5/13リリース

    あまざらし 千分の一夜物語 スターライト
    amazarashi
    2014年9月のプレミアム・ライヴ“千分の一夜物語 スターライト”での演奏曲を中心にスタジオで再録音されたアンプラグド・アルバム。優しさと痛みを併せ持つ秋田ひろむの歌声に寄り添い、煽り立てる生楽器のアンサンブルとストリングスの響きが印象的。歌と楽曲の持つ力強さをあらためて認識させられる。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/季節は次々死んでいく/amazarashi

    2015/2/18リリース

    季節は次々死んでいく
    amazarashi
    秋田ひろむを中心としたバンド、amazarashiのシングル。TVアニメ『東京喰種トーキョーグール√A』エンディング・テーマのタイトル曲は、重厚なロック・サウンドと小説を読んでいるかのような文学的歌詞が特徴。絶望の中からもがき、前へ進もうとする歌詞はアニメの内容とリンクする。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/夕日信仰ヒガシズム/amazarashi

    2014/10/29リリース

    夕日信仰ヒガシズム
    amazarashi
    青森在住の秋田ひろむ(vo、g)と豊川真奈美(key)によるロック・バンドの3年ぶりフル・アルバム。熱をはらんだ鋭い歌声と繊細なポエトリーリーディングの使い分け、激情のロック曲やバラード、トリッキーなポスト・ロックなど曲調の硬軟を、歌詞とともに物語性を持って聴かせる作品だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/あんたへ/amazarashi

    2013/11/20リリース

    あんたへ
    amazarashi
    青森県むつ市在住の秋田ひろむを中心としたバンドの7曲入り。明瞭な発音で日常生活に根ざしたメッセージを伝えるヴォーカルが印象的で、特にポエトリー・リーディング風の節回しが鮮烈。電子音を交えたサウンド・メイキングも凝っており、バンドとしての成長と進化を窺わせる。 (CDジャーナル)

    1,500

    7曲収録

  • アルバム/ねえママ あなたの言うとおり/amazarashi

    2013/4/10リリース

    ねえママ あなたの言うとおり
    amazarashi
    2007年結成。青森県むつ市在住の二人組ユニットのメジャー4枚目のミニ・アルバム。現代のキナ臭い空気をそのままぶった切ったような、文学的かつ身も蓋もない歌詞が、細く固めの歌声に乗って綴られていく。ボブ・ディラン「時代は変わる」に通じる旋律を持つ表題曲は、とりわけドラマティックだ。 (CDジャーナル)

    1,600

    7曲収録

amazarashiのおすすめ着信音 125 着信音一覧

amazarashiのおすすめ歌詞 105 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ