BUCK-TICK

BUCK-TICK

群馬県出身のロック・バンド。メンバーは櫻井敦司(vo)、今井寿(g)、星野英彦(g)、樋口豊(b)、ヤガミトール(ds)の5名。前身バンド“非難GO-GO”を母体に1985年に結成、87年にメジャー・デビュー。翌年の1stシングル「JUST ONE MORE KISS」が大ヒットし、日本レコード大賞新人賞に輝く。89年の3rdアルバム『TABOO』の1位獲得で名実共にトップ・アーティスト入りを果たすと、以降ゴシック・ヴィジュアルなスタイルとダークな世界観で人気を不動のものとする。2013年にはデビュー25周年を記念したドキュメント映画を公開して話題に。2016年9月にアルバム『アトム 未来派 No.9』を発表。

BUCK-TICKのおすすめハイレゾ Hi-Res 88 ハイレゾ一覧

BUCK-TICKのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 8 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/RAZZLE DAZZLE/BUCK-TICK

    2010/10/13リリース

    RAZZLE DAZZLE
    BUCK-TICK
    すでにメジャー・デビュー以降、23年の歴史を誇るビジュアル系のオリジネイターともいうべき彼らの17枚目のアルバム。アニメ『屍鬼』の前後期のメイン・テーマも収録しつつ、スリージィで一本筋の通った一作に仕上げている。円熟味を帯びた反骨魂を満喫できるはず (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    15曲収録

  • ハイレゾアルバム/memento mori/BUCK-TICK

    2009/2/18リリース

    memento mori
    BUCK-TICK
    25年間コンスタントに活動を続けていることがうなずける風格が漂う17ヵ月ぶりの17作目。沖縄民謡っぽい旋律の「Memento mori」をはじめとして多彩な楽曲のクオリティも高く、タイトな音の仕上がりも申し分なく、甘い歌声も嫌みに聴こえぬ大人の貫禄のアルバムである (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    15曲収録

  • ハイレゾアルバム/天使のリボルバー/BUCK-TICK

    2007/9/19リリース

    天使のリボルバー
    BUCK-TICK
    筋肉少女帯、D'ERLANGERなど、80年代後半に活躍したバンドが復活した2007年だが、BUCK-TICKは活動休止することもなくデビュー20周年。毎回、つねに違う音楽的アプローチでアルバム制作する姿勢が素晴らしい。「リリィ」は彼らなりのモータウン・サウンドか (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/十三階は月光/BUCK-TICK

    2005/4/6リリース

    十三階は月光
    BUCK-TICK
    2005年で結成20周年を迎えたBUCK-TICKの第2弾リリース作品は2年ぶりのオリジナル・アルバムだ。ゴシックをテーマにした、ミステリアスでゾクゾクするような耽美的な内容になっており、彼ららしい美学がたっぷり詰まったロック・アルバムと言える (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    18曲収録

  • ハイレゾアルバム/Mona Lisa OVERDRIVE/BUCK-TICK

    2003/2/13リリース

    Mona Lisa OVERDRIVE
    BUCK-TICK
    時代に左右されずに独自のスタイルを貫き続ける、85年結成の5人組。12枚目のスタジオ・アルバムである本作は、スピード感のある鋭利なサウンドが印象的な強力盤。意外性をも感じさせるロック・チューンの連発で生き様を見せつける。 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/極東 I LOVE YOU/BUCK-TICK

    2002/3/6リリース

    極東 I LOVE YOU
    BUCK-TICK
    3曲入りシングル。タイトル曲は、寒いメロディ&サウンドにグローバルな見地から放たれるメッセージが見事に融合した名曲。2曲目、3曲目に聴けるサウンド・スケープなども、とても若手にはできまい。さすがはベテランらしい充実した一枚 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    11曲収録

  • ハイレゾアルバム/ONE LIFE,ONE DEATH/BUCK-TICK

    2000/9/20リリース

    ONE LIFE,ONE DEATH
    BUCK-TICK
    85年のバンド結成以来常に進化を遂げてきた比類なきロック・バンドの、約2年半ぶりとなる待望のニュー・アルバムがリリース。12作目となる本作はじっくりと熟成された傑作となった (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    10曲収録

  • ハイレゾアルバム/SEXY STREAM LINER/BUCK-TICK

    1997/12/10リリース

    SEXY STREAM LINER
    BUCK-TICK

    3,600

    FLAC

    24bit/48kHz

    12曲収録

BUCK-TICKのおすすめシングル 362 シングル一覧

BUCK-TICKのおすすめアルバム 34 アルバム一覧

  • アルバム/No. 0/BUCK-TICK

    2018/3/14リリース

    No. 0
    BUCK-TICK
    21枚目のアルバム。これまでの作品同様に多様な世界がバリエーション豊かな音楽性で描かれているが、どこを切り取ってもBUCK-TICKであり、またここから代表曲が生まれてくるであろう傑作に仕上がった。衝動で突き動かすものから深い闇に誘われるものまで、聴き手の想像力を刺激する。★ (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/Moon さよならを教えて/BUCK-TICK

    2018/2/21リリース

    Moon さよならを教えて
    BUCK-TICK
    デビュー30周年プロジェクト第2弾シングル。前シングル「BABEL」のカップリングに収録された石野卓球リミックス版のオリジナル・ヴァージョン。リミックスとは異なる、耽美的な櫻井の“声”が聴くものを甘美な世界へと誘う一曲だ。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/BABEL/BUCK-TICK

    2017/11/15リリース

    BABEL
    BUCK-TICK
    デビュー30周年プロジェクト第1弾シングル。ノイズワークが冴えるインダストリアル・テイスト、『ヴァイオレーター』期デペッシュ・モード的メロディ、超然とした歌唱が揃ったBUCK-TICKらしい楽曲。カップリングは石野卓球によるアシッド&ブリーピーなリミックス・トラック。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/アトム 未来派 No.9/BUCK-TICK

    2016/9/28リリース

    アトム 未来派 No.9
    BUCK-TICK
    キャリア通算20作目となるビクター復帰第1弾オリジナル・アルバム

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/New World/BUCK-TICK

    2016/9/21リリース

    New World
    BUCK-TICK
    29年目のデビュー記念日にあたる2016年9月21日リリースの2016年第1弾シングル。20thアルバムのキックオフ・トラックとなる表題曲「New World」は、2017年のデビュー30周年を前に、さらなるスケールアップを感じさせる一曲。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/シェイプレス/BUCK-TICK

    2016/9/1リリース

    シェイプレス
    BUCK-TICK

    2,160

    10曲収録

  • アルバム/くちづけ/BUCK-TICK

    2016/6/29リリース

    くちづけ
    BUCK-TICK

    500

    2曲収録

  • アルバム/惡の華(2015年ミックス版)/BUCK-TICK

    2015/2/1リリース

    惡の華(2015年ミックス版)
    BUCK-TICK
    1990年2月に発表され、彼らの復活を遂げることになったアルバム『惡の華』の2015年ヴァージョン。四半世紀を経ても、日本のロック史における名盤として記憶される作品が、当時の録音テープをメンバー監修の下でミックスし新たに生まれ変わる。 (CDジャーナル)

    2,160

    10曲収録

  • アルバム/或いはアナーキー/BUCK-TICK

    2014/6/4リリース

    或いはアナーキー
    BUCK-TICK
    横綱相撲という言葉がぴったりの堂々たる一作。全体にスペーシーかつトランシーなムードさえ漂うゴージャスなサウンドが展開され、そこに櫻井の唯一無二のヴォーカルが乗っかるのだからもう鉄壁。世界のどこを探しても、こんなロック・ミュージックは存在しないだろうな。時空を超えた芸術品のよう。 (CDジャーナル)

    2,100

    14曲収録

  • アルバム/形而上 流星/BUCK-TICK

    2014/5/14リリース

    形而上 流星
    BUCK-TICK
    87年のデビューから四半世紀以上にわたって不動のメンバーで活躍を続ける彼らの、2014年第2弾となる33枚目のシングル。圧倒的な美しさと切なさに彩られたミディアム・チューン「形而上 流星」や、黒色すみれを迎えた過去曲のセルフ・カヴァーなど、進化を続ける彼らの矜持を感じさせてくれる。 (CDジャーナル)

    648

    3曲収録

  • アルバム/LOVE PARADE / STEPPERS -PARADE-/BUCK-TICK

    2014/1/22リリース

    LOVE PARADE / STEPPERS -PARADE-
    BUCK-TICK
    結成25周年のアニバーサリー・イヤーを捉えた2連作ドキュメンタリー映画『劇場版BUCK-TICK 〜バクチク現象〜』。その主題歌を収めた両A面シングル。どちらもこれまでになく陽性の楽曲に仕上がっており、25年の時を経たからこそ曝け出せる“人間”BUCK-TICKが表現されている印象。 (CDジャーナル)

    463

    2曲収録

  • アルバム/RAZZLE DAZZLE/BUCK-TICK

    2010/10/13リリース

    RAZZLE DAZZLE
    BUCK-TICK
    すでにメジャー・デビュー以降、23年の歴史を誇るビジュアル系のオリジネイターともいうべき彼らの17枚目のアルバム。アニメ『屍鬼』の前後期のメイン・テーマも収録しつつ、スリージィで一本筋の通った一作に仕上げている。円熟味を帯びた反骨魂を満喫できるはず。 (CDジャーナル)

    2,100

    15曲収録

BUCK-TICKのおすすめ着信音 75 着信音一覧

BUCK-TICKのおすすめ歌詞 226 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ