FACT

FACT

日本のハードコア・ロック・バンド。メンバーはKazuki(g)、Adam(g)、Hiro(vo)、Eiji(ds)、Tomohiro(b)、Takahiro(g)の6名で構成。1999年結成当初から国内外のアーティストと共演し、USでの評価を高める。2009年にアルバム『FACT』でメジャー・デビュー。全員がヴォーカルをとり、トリプル・ギターという編成も特色。国内主要フェスや北米、アジア、欧州を巡るワールドツアーなど、精力的にライヴ活動を展開。2015年3月の『KTHEAT』まで6枚のフル・アルバム、同年11月にベスト・アルバム『best+ 2009-2015』を発表。2015年末に解散。

FACTのおすすめシングル 84 シングル一覧

FACTのおすすめアルバム 5 アルバム一覧

  • アルバム/KTHEAT/FACT

    2015/3/4リリース

    KTHEAT
    FACT
    2015年3月4日リリースの6作目のフル・アルバム。先行配信シングル「the way down」ほか、セルフ・プロデュースによる11曲を収録。アレックス・ニューポートがミックス、テッド・ジェンセンがマスタリングを担当。 (CDジャーナル)

    2,000

    11曲収録

  • アルバム/WITNESS/FACT

    2014/3/5リリース

    WITNESS
    FACT
    前作『burundanga』以来約2年2ヵ月ぶりとなる、2014年3月5日リリースの7thフル・アルバム。配信限定シングル「disclosure」など11曲にボーナス・トラック「termination」を加えた全12曲を収録。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/burundanga/FACT

    2012/1/11リリース

    burundanga
    FACT
    前作同様、インキュバスなどとの仕事で知られるマイケル“エルヴィス”バスケットをプロデューサーに迎え、ポップでストレートなダイナミズムを明確に打ち出したメジャー第3弾フル。ファンの間では賛否両論あるが、ハイブリッドなFACT節をさらにポピュラーなベクトルへと進&深化させた快作だ。 (CDジャーナル)

    2,000

    15曲収録

  • アルバム/In the blink of an eye/FACT

    2010/1/13リリース

    In the blink of an eye
    FACT
    アメリカの“VAGRANT RECORDS”を通じてのリリースが話題となった前作から約9ヵ月のスパンで登場した通算3枚目のアルバム。基盤となるのはハードコア/メタルなどだが、一筋縄ではいかないアレンジが彼ら最大の持ち味。これまで以上にポップな印象も強い。進化のスピードはさらに早まった。 (CDジャーナル)

    2,000

    12曲収録

  • アルバム/FACT/FACT

    2009/4/22リリース

    FACT
    FACT
    米国ではVagrantからの発売のセカンド。メタルコアにメロディック・ファスト・パンクを加えたような音だけでなく静かでスローな部分もあり、器用な面がうかがえて完成度が高い。坂本龍一のカヴァーの「merry christmas mr.lawrence」では打ち込みも使用。歌詞は英語だが和訳付きだ。 (CDジャーナル)

    2,000

    15曲収録

FACTのおすすめ着信音 2 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ