東京女子流

東京女子流

2010年1月1日結成のガールズ・ダンス&ヴォーカル・グループ。メンバーは山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生。東京からアジア、世界へ“音楽の楽しさを歌って踊って伝える”ことをコンセプトに始動。2010年5月にシングル「キラリ☆」でCDデビュー。ディスコ・ファンクをベースとしたサウンドやクールなダンス・パフォーマンスで高い評価を獲得。2年連続で日本武道館単独公演を成功させ、米、アジアなどへの海外公演も経験。2015より“アーティスト”活動へ移行。2016年8月までにシングル20枚、アルバム5枚を発表。

東京女子流のおすすめハイレゾ Hi-Res 38 ハイレゾ一覧

東京女子流のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 7 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/kissはあげない/東京女子流

    2018/6/20リリース

    kissはあげない
    東京女子流
    2010年結成の4人組ガールズ・ダンス&ヴォーカル・グループ、東京女子流のシングル。“アーティスト宣言”を撤回し、原点回帰した彼女たちの、キャッチーで毒のあるポップ・ミュージックを楽しめる。 (CDジャーナル)

    700

    FLAC

    24bit/48kHz

    2曲収録

  • ハイレゾアルバム/ラストロマンス/東京女子流

    2018/2/28リリース

    ラストロマンス
    東京女子流
    “アーティスト宣言”を撤回し、“原点回帰”を発表。新たなクリエイター陣を迎え、リニューアルを果たした東京女子流のシングル。Lucky Kilimanjaroらが参加した、レトロ・シティ・ポップを聴かせる。 (CDジャーナル)

    1,099

    FLAC

    24bit/48kHz

    3曲収録

  • ハイレゾアルバム/PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜/東京女子流

    2017/10/25リリース

    PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜
    東京女子流
    2種同時リリースのベスト盤のうちの一枚。本作には、瑞々しさあふれるデビュー・シングル「キラリ☆」をはじめ、ガールズ・ダンス&ヴォーカル・グループである彼女たちの軌跡を凝縮した7曲が収録されている。加えて切ない想いをスタイリッシュなサウンドで彩った新曲「雨の雫」が聴けるのもうれしい (CDジャーナル)

    2,700

    FLAC

    24bit/48kHz

    8曲収録

  • ハイレゾアルバム/PERIOD. BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜/東京女子流

    2017/10/25リリース

    PERIOD. BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜
    東京女子流
    原点回帰であり集大成的なベスト・ミニ・アルバム2種同時リリースのうちの一枚。ミディアム・テンポのじっくり聴かせる曲ばかりが並び、繊細なサウンドやメロディの良さ、メンバー4人の歌唱力や表現力の高さが際立っている。クオリティの高い実力派グループということを再認識 (CDジャーナル)

    2,700

    FLAC

    24bit/48kHz

    8曲収録

  • ハイレゾアルバム/water lily 〜睡蓮〜/東京女子流

    2017/7/5リリース

    water lily 〜睡蓮〜
    東京女子流
    TOKYO IDOL FESTIVAL 2017に久々登場、アイドル界復帰? と話題を呼んだ彼女たちのシングル23作目。重心の低いメロディで渋めに聴かせるタイトル曲、ダンサブルで涼やかながらちょっと80's風味の「illusion」と、アーティスト性はしっかりキープ。流れの“正反合”を体現するような一作 (CDジャーナル)

    1,500

    FLAC

    24bit/48kHz

    4曲収録

  • ハイレゾアルバム/ミルフィーユ/東京女子流

    2016/11/30リリース

    ミルフィーユ
    東京女子流

    1,500

    FLAC

    24bit/48kHz

    5曲収録

  • ハイレゾアルバム/深海/東京女子流

    2016/8/31リリース

    深海
    東京女子流

    1,500

    FLAC

    24bit/48kHz

    5曲収録

東京女子流のおすすめシングル 261 シングル一覧

東京女子流のおすすめアルバム 31 アルバム一覧

  • アルバム/kissはあげない/東京女子流

    2018/6/20リリース

    kissはあげない
    東京女子流
    2010年結成の4人組ガールズ・ダンス&ヴォーカル・グループ、東京女子流のシングル。“アーティスト宣言”を撤回し、原点回帰した彼女たちの、キャッチーで毒のあるポップ・ミュージックを楽しめる。 (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/ラストロマンス/東京女子流

    2018/2/28リリース

    ラストロマンス
    東京女子流
    “アーティスト宣言”を撤回し、“原点回帰”を発表。新たなクリエイター陣を迎え、リニューアルを果たした東京女子流のシングル。Lucky Kilimanjaroらが参加した、レトロ・シティ・ポップを聴かせる。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜/東京女子流

    2017/10/25リリース

    PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜
    東京女子流
    2種同時リリースのベスト盤のうちの一枚。本作には、瑞々しさあふれるデビュー・シングル「キラリ☆」をはじめ、ガールズ・ダンス&ヴォーカル・グループである彼女たちの軌跡を凝縮した7曲が収録されている。加えて切ない想いをスタイリッシュなサウンドで彩った新曲「雨の雫」が聴けるのもうれしい (CDジャーナル)

    1,800

    8曲収録

  • アルバム/PERIOD. BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜/東京女子流

    2017/10/25リリース

    PERIOD. BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜
    東京女子流
    原点回帰であり集大成的なベスト・ミニ・アルバム2種同時リリースのうちの一枚。ミディアム・テンポのじっくり聴かせる曲ばかりが並び、繊細なサウンドやメロディの良さ、メンバー4人の歌唱力や表現力の高さが際立っている。クオリティの高い実力派グループということを再認識 (CDジャーナル)

    1,800

    8曲収録

  • アルバム/water lily 〜睡蓮〜/東京女子流

    2017/7/5リリース

    water lily 〜睡蓮〜
    東京女子流
    TOKYO IDOL FESTIVAL 2017に久々登場、アイドル界復帰? と話題を呼んだ彼女たちのシングル23作目。重心の低いメロディで渋めに聴かせるタイトル曲、ダンサブルで涼やかながらちょっと80's風味の「illusion」と、アーティスト性はしっかりキープ。流れの“正反合”を体現するような一作 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/predawn / Don't give it up/東京女子流

    2017/3/1リリース

    predawn / Don't give it up
    東京女子流
    22枚目のシングル。Hi-raが手がけた「predawn」は、ジャスティン・ビーバーの「Sorry」を思わせるトロピカル・ハウス。メンバーの庄司芽衣が作詞に参加しており、よりパーソナルな楽曲に仕上がっている。「Don't give it up」も含め、現在進行形のダンス・ミュージック・シーンにしっかりと繋がっている (CDジャーナル)

    1,050

    5曲収録

  • アルバム/ミルフィーユ/東京女子流

    2016/11/30リリース

    ミルフィーユ
    東京女子流

    1,050

    5曲収録

  • アルバム/深海/東京女子流

    2016/8/31リリース

    深海
    東京女子流
    タイトル曲「深海(Tropicalhouse Mix)」は、2016年7月に配信で発表された同曲にトロピカルハウスのアレンジを加えた一曲。「君へ」を松井寛がアレンジした「君へ(Royal Mirrorball Mix)」を収録。 (CDジャーナル)

    1,050

    5曲収録

  • アルバム/Never ever/東京女子流

    2015/6/24リリース

    Never ever
    東京女子流
    5人組ガールズ・ダンス&ヴォーカル・グループ、東京女子流のデビュー5周年第1弾シングル。テレビ東京系で放送のアニメ『フェアリーテイル』のエンディング・テーマで、ラテン・テイストのアレンジで切なくも力強く聴かせる。 (CDジャーナル)

    1,200

    6曲収録

  • アルバム/1st BEST ALBUM 「キラリ☆」(TYPE-B)/東京女子流

    2015/5/5リリース

    1st BEST ALBUM 「キラリ☆」(TYPE-B)
    東京女子流
    2015年5月リリースの1stベスト・アルバム。2010年の結成からアイドル・グループのなかでも独自の楽曲クオリティとダンス&ヴォーカルを追求してきた彼女ら。その5年間の成長と飛躍が詰まった、第1期女子流の集大成だ。 (CDジャーナル)

    2,700

    24曲収録

  • アルバム/1st BEST ALBUM 「キラリ☆」(TYPE-A)/東京女子流

    2015/5/5リリース

    1st BEST ALBUM 「キラリ☆」(TYPE-A)
    東京女子流
    アーティスト志向を強める5人組のベスト盤で、4形態でのリリース。背伸びしていた感のある初期と、シックなたたずまいが馴染んできた昨今の曲の違いを聴き比べるのも一興だろう。人気曲「Count Three」は、ヴォーカル・テイクを録りなおした新ヴァージョンが収録されている。 (CDジャーナル)

    2,700

    26曲収録

  • アルバム/Stay with me/東京女子流

    2015/3/11リリース

    Stay with me
    東京女子流
    山邊未夢が作詞を担当した「Stay with me」をリードとするシングル。同曲含め、松井 寛によるアレンジはJ-POPにおけるR&B/アーバン・グルーヴのサウンドを深化させるに十分なクオリティで、メンバーたちの歌唱/コーラスもそれに応えるに十分なパフォーマンスを発揮している。 (CDジャーナル)

    1,050

    6曲収録

東京女子流のおすすめ着信音 152 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ