KICK THE CAN CREW

KICK THE CAN CREW

By Phar The DopestのKREVA、Radical FreaksのMCU、DJ SHUHOらとともにソロMCとして活動していたLITTLEの3人が、1996年12月発売のヒップホップ・コンピレーション盤「BEST OF JAPANESE HIP HOP 7""」に収録された楽曲「カンケリ」で初コラボレート。その流れから必然的にキック結成へ。1997年マキシシングル「タカオニ/カンケリ」で、KICK THE CAN CREWとして衝撃的なデビューを果たす。ちなみにユニット名""KICK THE CAN CREW""の名前の由来は、結成のきっかけとなった楽曲が「カンケリ」だったところから。世界唯一の曲先行ユニット名!?
2000年11月には、日本中のHIP HOPアーティストが大集結するイベント『B-BOYPARK』のテーマソング「DOWN BY LAW」をCRAZY-A氏を迎えてリリースし、日本中のB-BOYから絶大な支持を得る。さらにフリースタイルのMCの腕を競い合うMCバトルにおいて、KREVAが1999年、2000年、2001年と見事3年連続優勝を果たし、名実ともに日本一のMCに。2002年からは名誉審査員に???
2001年5月にシングル『スーパーオリジナル』でメジャーデビューを果たす。以後、7月に『イツナロウバ』9月に『カンケリ01/LIFELINE』11月に『クリスマス・イブRap』、2002年1月に『マルシェ』と、隔月の猛サイクルで怒涛のマキシ連発。2002年2月14日リリースのメジャー初アルバム『VITALIZER』は、オリコンウィークリーチャート初登場3位に堂々チャートイン!
自然と聴く人に元気や勇気を与えてくれるという不思議な威力を持った彼らの魅力を表すのにぴったりな言葉を掲げた、この最新アルバム『VITALIZER』(ヴァイタライズ=元気付ける、生命力を与える→元気を与える人やモノ=ヴァイタライザー)は、まさにタイトル通りの力が備わった作品。まずはキックがrhymeとbeatsをCDに封じ込め、聴く人に元気を与える。次にライブでキックが見る人に元気を与えると同時に、観客の笑顔や声援によって逆にキックが元気付けられる。そしてまたキックが新しい音と言葉を生み落とす。結果誰もが誰かのヴァイタライザーと言う事。そんな繰り返しの中で生まれたポジティヴ・ヴァイブスが言葉と音の端々から溢れ出す『VITALIZER』は永遠のマスターピースになり得る1枚。
そんなクラブの現場で鍛え抜かれたライブパフォーマンス、MCの傍若無人ぶり、見た目、性格…etc含めて三者三様なキャラゆえ”キャラ立ち3本マイク”と呼ばれる3人のステージはひたすら定評あり。気持ちいいぐらいに自分達のペースに巻き込んでしまう圧巻モノのがむしゃらポジティヴ・ヴァイブスの威力は、クラブやワンマンライブではもちろん、異種ジャンルのアーティストとのイベントやフェスティバルなどでも、効果覿面。ライブが終わった後の観客の笑顔度数のヒートアップ具合と言ったら凄まじいものが…。
また、テーマひとつだけ決めてそれぞれがリリックを書けば、自ずとドンピシャなノリと流れができてしまうという3人の紡ぎだす歌詞の世界観は、いつも不思議と一致。その切なくも前向き、で、時にちょっとちゃらけたばかっぷりを注入したスーパーオリジナルな歌心あるライミングは、他のヒップホップ・アーティストとは一線を画している。韻踏みまくりで絶妙なリズム感と響きを生み出すテクはもちろん、ひと言ひと言リアルな言葉でしっかり伝えようとする気持ちの部分がきちんと備わっているところが、彼らの信頼できるところなのだ。
根っこはヒップホップながらも、もはやその枠組には収まりきらないジャンルを超えた音世界、発想、ルックス、スタンスで、スーパーオリジナル街道をただがむしゃらに驀進するキック。一生懸命を恥ずかしがること無かれ!とばかりに、老若男女問わずの全ての人類に驚きと感動を呼び起こすヴァイブス、ガンガン送信中!

KICK THE CAN CREWのおすすめシングル 114 シングル一覧

KICK THE CAN CREWのおすすめアルバム 19 アルバム一覧

KICK THE CAN CREWのおすすめ着信音 36 着信音一覧

KICK THE CAN CREWのおすすめ歌詞 40 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ