w-inds.

w-inds.

日本のダンス・ヴォーカル・ユニット。メンバーは橘慶太、千葉涼平、緒方龍一の3名。ユニット名は北(千葉と緒方が出身の北海道)と南(橘が出身の福岡)の風(wind)が一つになって世界中に届くことを願って命名。2001年にシングル「Forever Memories」でデビュー。以降、アルバム『w-inds.〜1st message〜』を皮切りに次々とチャート1位を獲得。特に東・東南アジア圏での人気が高く、台湾7公演、上海2公演、香港8公演を開催。数多くの音楽賞受賞を誇る。2017年3月に12作目となる『INVISIBLE』をリリース。

w-inds.のおすすめシングル 626 シングル一覧

w-inds.のおすすめアルバム 78 アルバム一覧

  • アルバム/100/w-inds.

    2018/7/4リリース

    100
    w-inds.
    タイトルは3人の年齢を合わせた数という13枚目。20年を視野に捉えるなかで、ニュージャックスウィングとコンテンポラリーR&Bを融合させた「Dirty Talk」をはじめ新機軸を打ち出しながら、これまで辿ってきたポップスとの融解にもチャレンジ。揺るぎないトライアングルを誇示した佳作。 (CDジャーナル)

    2,160

    12曲収録

  • アルバム/Dirty Talk/w-inds.

    2018/3/14リリース

    Dirty Talk
    w-inds.
    18年目の幕を開けた3人組の40枚目。タイトルからオースティン・マホーンのヒット曲が脳裏をかすめたが、時流のNJSを組み込んだクールなR&B作風で、ともにブルーノ・マーズの影響という共通点も見えそう。橘 慶太のプロデュース力と、3人の先鋭と継続を両立させる手腕はもっと評価されるべき。 (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

  • アルバム/w-inds. LIVE TOUR 2017 ”INVISIBLE”/w-inds.

    2017/11/29リリース

    w-inds. LIVE TOUR 2017 ”INVISIBLE”
    w-inds.
    2017年夏の全国ツアー「w-inds. LIVE TOUR 2017 "INVISIBLE"」​国内最終公演 9/27@日本武道館でのライブの模様を収録。

    2,469

    23曲収録

  • アルバム/Time Has Gone 初回盤B/w-inds.

    2017/9/27リリース

    Time Has Gone 初回盤B
    w-inds.
    前作「We Don't Need To Talk Anymore」から約8ヵ月ぶりとなる通算39枚目のシングル。メンバーの橘慶太が作詞・作曲・編曲・プロデュース・トラックダウンまでを手がけた楽曲を収録している。 (CDジャーナル)

    926

    6曲収録

  • アルバム/Time Has Gone/w-inds.

    2017/9/27リリース

    Time Has Gone
    w-inds.
    作詞作曲、編曲、トラックダウンまで手がけた、橘慶太完全プロデュースによる39枚目のシングル。メロウなフューチャー・ベースによるEDMで、終わった恋愛をひきずる切ない一曲。曲の構成や展開、ヴォーカルのエフェクトまで、シンプルな音数ながら緻密な仕上がり。インスト版でも十分楽しめる楽曲クオリティだ (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

  • アルバム/INVISIBLE/w-inds.

    2017/3/15リリース

    INVISIBLE
    w-inds.
    w-inds.の12枚目のオリジナル・アルバム。海外の数々のトラックメイカーを迎え、全体をトロピカル・ハウスで統一。橘 慶太が作詞・作曲・プロデュースしたシングル曲、メンバー全員による作詞曲も含め、既存のJ-POPの枠を軽々と越えるクリエイティヴィティが発揮されている。最新USシーンでも通用しそうだ (CDジャーナル)

    2,160

    13曲収録

  • アルバム/We Don't Need To Talk Anymore 通常盤/w-inds.

    2017/1/11リリース

    We Don't Need To Talk Anymore 通常盤
    w-inds.

    617

    4曲収録

  • アルバム/Backstage 通常盤/w-inds.

    2016/8/31リリース

    Backstage 通常盤
    w-inds.
    デビュー15周年のアニヴァーサーリー・イヤーである2016年第2弾シングル。タイトル曲「Backstage」は、トロピカルハウスを取り入れたサマー・チューンに仕上がっている。 (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

  • アルバム/Backstage 初回盤B/w-inds.

    2016/8/31リリース

    Backstage 初回盤B
    w-inds.
    デビュー15周年のアニヴァーサーリー・イヤーである2016年第2弾シングル。タイトル曲「Backstage」は、トロピカルハウスを取り入れたサマー・チューンに仕上がっている。 (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

  • アルバム/Backstage 初回盤A/w-inds.

    2016/8/31リリース

    Backstage 初回盤A
    w-inds.
    デビュー15周年のアニヴァーサーリー・イヤーである2016年第2弾シングル。タイトル曲「Backstage」は、トロピカルハウスを取り入れたサマー・チューンに仕上がっている。 (CDジャーナル)

    771

    4曲収録

  • アルバム/Boom Word Up 通常盤/w-inds.

    2016/5/3リリース

    Boom Word Up 通常盤
    w-inds.
    デビュー15周年のアニヴァーサーリー・イヤーである2016年第1弾シングル。タイトル曲「Boom Word Up」は、常に進化し続けるw-inds.の華やかなダンス・ミュージックが楽しめる一曲だ。 (CDジャーナル)

    720

    4曲収録

  • アルバム/Boom Word Up 初回盤B/w-inds.

    2016/5/3リリース

    Boom Word Up 初回盤B
    w-inds.
    デビュー15周年のアニヴァーサーリー・イヤーである2016年第1弾シングル。タイトル曲「Boom Word Up」は、常に進化し続けるw-inds.の華やかなダンス・ミュージックが楽しめる一曲だ。 (CDジャーナル)

    720

    4曲収録

w-inds.のおすすめ着信音 246 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ