David Guetta

David Guetta

17歳からDJとしてのキャリアをスタートし、02年にソロ名義としてデビュー。
若くからハウス・ミュージックを世界へと広げる活動に没頭しており、地元のパリはもちろん、イビサまでをも制覇し、イビサ一の大ハコ「PACHA」で行われるレジデント・パーティー「F*** ME I'M FAMOUS」はあまりにも有名。現在までに5枚のアルバムをリリースしており、09年にリリースした『ONE LOVE』でインターナショナルな成功を収めた。『ONE LOVE』の合計セールスは350万枚を超え、1200万以上のダウンロードを記録。エイコンをフィーチャした「セクシー・ビッチ」は全米・全英でNo.1を獲得、ケリー・ローランドを迎えた「ラヴ・テイクス・オーバー」はヨーロッパで11週連続1位に。米ビルボード・クラブ・チャート1位に4曲を送り込み、全英シングル・チャートでも同じく4曲が1位を獲得。

その後もブラック・アイド・ピーズの「アイ・ガッタ・フィーリング」大ヒットの立役者となったり、フロー・ライダーの全英1位シングル「クラブ・キャント・ハンドル・ミー」など多数のヒットを飛ばす。

マドンナの「リヴォルバー」のリミックスで2年連続グラミー賞を受賞するなど、今や世界で最も需要のあるプロデューサーとしても活躍。2011年に発表したアルバム『ナッシング・バット・ザ・ビート』からは「ホエア・ゼム・ガールズ・アット(feat.ニッキー・ミナージュ&フロー・ライダー)」(全米14位)、「ウィズアウト・ユー(feat.アッシャー)」(全米4位)、「タイタニウム(feat.シーア)」(全米3位)、「ターン・ミー・オン(feat.ニッキー・ミナージュ)」(全米4位)など大ヒットを連発。アルバムも全米チャートで最高5位を記録する自身最大のヒットとなった。

2013年末には国際連合(United Nations)が推進する世界的なチャリティ・キャンペーン=“The World Needs More” のサポート・ソングとして「One Voice(feat. Mikky Ekko)」を提供し、2014年に入ると海抜マイナス424メートルの地で一夜限りのパーティーを行いその模様を『A Party 424 Meters Under the Sea』として公開するなど、常に話題を振りまく彼は、経済誌「Forbes」で推定年収が3千万ドル(30億円)と報道されるなど “人類史上最強のDJ” としてダンス・ミュージック界に君臨するトップアーティストである。

David Guettaのおすすめシングル 250 シングル一覧

David Guettaのおすすめアルバム 43 アルバム一覧

David Guettaのおすすめ着信音 19 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ