Sarah Brightman

Sarah Brightman

●「オペラ座の怪人」他、数々の大ヒット・ミュージカルでの主役を経て、ソロ・アーティストとしてデビュー。

●名曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が全世界でベストセラーを記録、その後立て続けにアルバムが大ヒット、音楽の新ジャンル"クラシカル・クロスオーヴァー"を開拓しその女王の座に。

●40カ国以上で180以上のゴールド及びプラチナム・セールスを記録。CD及びDVDのトータル・セールスは3,000万枚を超える。

●過去~現在においても、ビルボード誌ダンス・チャートとクラシック・チャートで同時に1位に輝いたのは、サラ・ブライトマンただ一人である。

●オリンピック大会の公式テーマ曲を2度にわたって歌ったアーティストは、サラ・ブライトマンが初めてである。最初は1992年のバルセロナ・オリンピック大会。それから16年後、2度目となる2008年夏、北京大会での開幕式でも海外から唯一招待され、公式テーマソングを50億人の視聴者の前で圧倒的なパフォーマンスを披露した。

●日本でも極めて人気が高く、テレビ朝日系サッカー放送で使用されている「クエスチョン・オブ・オナー」(2000~現在)等、サラ・ブライトマンの楽曲はたびたびTV番組やTVCMに起用されている。

●2006年に発表された初の本格的ベスト・アルバム『輝けるディーヴァ ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン~』は60万枚を超えるセールスを記録、2007年第21回日本ゴールドディスク大賞/クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)受賞。

●2009年第23回日本ゴールドディスク大賞/クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)受賞(アルバム『冬のシンフォニー』)。

●2009年7月公開の映画『アマルフィ 女神の報酬』では「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が主題歌として起用されたばかりでなく、サラ自身初の日本映画出演を果たして話題となった。

●2009~2011年に放送されたNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』でメインテーマ「Stand Alone」(作曲:久石 譲)を歌唱、視聴者から大きな反響を受ける。

●2010年第24回日本ゴールドディスク大賞においてアルバム『アマルフィ ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~』で自身3度目となるクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。

●2012年2月、人道支援や慈善活動への貢献、自身の音楽キャリアを通じての文化間対話と交流促進への貢献、そしてUNESCOの理念と目的への献身といった功績をたたえられユネスコ平和芸術家に任命された。

●2012 年10月、新作『ドリームチェイサー(夢追人)』とそれに伴う過去最大規模のワールド・ツアーおよび、近い将来、国際宇宙ステーションへの軌道宇宙飛行ミッションを行うことをモスクワで発表した。

Sarah Brightmanのおすすめシングル 216 シングル一覧

Sarah Brightmanのおすすめアルバム 13 アルバム一覧

Sarah Brightmanのおすすめ着信音 54 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ