天平&真央樹

天平&真央樹

来年で活動10周年を迎える中村天平が、10周年を迎えるまでにやっておきたかったこと・・・
ソロでもない、バンドでもない、個と個のぶつかり合う、新規プロジェクトを始動!
中村天平が限界を更に超えるために選んだ相手は、若きモンスタードラマーの山本真央樹。
二人が、自らの限界を更に超えた先に見ている「音」を追求するデュオ・プロジェクト。

●中村天平 プロフィール
神戸出身。中学時代に阪神大震災で自宅が全壊。高校は半年で中退。家を出て解体業に従事しながら生計を立てる。
中学から完全にピアノと離れていたが、音楽専門学校から大阪芸術大学演奏学科ピアノコースに進学、同コースを首席で卒業。国際的な音楽家を目指し、2006年よりニューヨークヘ留学。
2008年にEMIよりCDデビュー。2010年にはニューヨークのカーネギーホール(ワイルリサイタル)でのデビューを果たす。毎年ヨーロッパ・ツアーも行っており、オランダのコンセルトヘボウ、パリ日本文化会館、ベルリン日独センター、などで演奏のほか、スペイン、ベルギー、ポルトガル、イタリア、オーストリア、ルクセンブルグ、エストニア、スロバキア、ウクライナ、ベラルーシなどの欧州各都市でも演奏し、世界を股にかけ活動中。日本国内では世界遺産・熊野古道での「紀伊半島秘境コンサートツアー」も実施。2012年より、東日本震災復興支援として、被災地にピアノと音楽を届けるプロジェクト「ライジングサン」を続けており、兵庫県芸術家協会から奨励賞を授与された。現在、ニューヨークと東京を拠点として活動中。

●山本真央樹 プロフィール
1992年4月5日生まれ、埼玉県出身。幼い頃からロック、フュージョン、ジャズを主に色々な音楽に触れドラムに興味を持ち、独学でドラムを始める。その後、私立春日部共栄中学高等学校で6年間吹奏楽を経験しパーカッション全般を学ぶ。在学中は多数のコンクール、コンテストにおいて金賞を得る。

2011年よりアメリカのバークリー音楽大学に奨学金を獲得した後入学し、ドラムを主に中南米の打楽器を多くの講師に師事。演奏活動を行う傍ら、作編曲活動にも力を注ぎDTMを中心とした楽曲提供も行う様になる。2012年帰国後、本格的にプロデビューを果たし、バンドのドラムやシンガー、声優のサポートやスタジオミュージシャンなど活動の場を広げていく。アンサンブルの中に溶け込む適応力と音楽の柱を作るロックでポップなビートはもちろん、それを彩る変則的なポリリズムやスリップビートを駆使するスタイルも多方面から高い評価を得ている。2014年にKey.友田ジュン、Bs.小栢伸五と共にDEZOLVEというフュージョンバンドを結成。

天平&真央樹のおすすめシングル 10 シングル一覧

天平&真央樹のおすすめアルバム 1 アルバム一覧

  • アルバム/kaleidoscope/天平&真央樹

    2017/7/19リリース

    kaleidoscope
    天平&真央樹
    来年デビュー10周年を迎える異色のピアニストと、モンスターの異名を持つドラマーのインスト・ユニットの1枚目。千手観音を思わせる音数の多さと超絶技巧に圧倒的なパワー。二人のアンサンブルは壮絶にして美麗。タイトルの万華鏡以上に眩く、エキサイティングだ (CDジャーナル)

    1,851

    10曲収録

こちらのアーティストもおすすめ