さかいゆう

さかいゆう

さかいゆう 高知県出身。
高校卒業後、18歳の時に突如音楽に目覚め、20歳で上京。22 歳の時、単身でLA に渡り独学でピアノを始める。
唯一無二の歌声と、SOUL・R&B・JAZZ・ゴスペル・ROCKなど幅広い音楽的バックグラウンドをポップスへと昇華させる、オリジナリティ溢れるサウンドが魅力の男性シンガーソングライター。
2009年10月7日にシングル「ストーリー」でメジャー・デビュー。同楽曲が全国のFMラジオ43局でパワープレイを獲得し、前人未到の新記録となる。更に、AMラジオ局やCS音楽専門チャンネルでもパワープレイを獲得し一躍話題となる。
2010年2月3日にセカンド・シングル「まなざし☆デイドリーム」をリリース。同楽曲は大人気TVアニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』(2010.3月末で終了)のオープニングテーマに起用され、カップリング曲の「ACROSS THE UNIVERSE」(ビートルズのカバー曲 / 三井不動産レジデンシャルTV-CFソング)とともに好評を博した。
2010年5月、菅野美穂 主演の映画『パーマネント野ばら』主題歌に起用された「train」を初のデジタル・シングルとしてリリース。続く6月には待望のメジャー・ファーストアルバム「Yes!!」をリリース。9月には同アルバムを携えた初の全国ワンマンツアー『さかいゆうTOUR 2010“YES!!”』を敢行し、大盛況のうちに幕を閉じた。アルバム「Yes!!」はiTunesが選ぶ2010年度の[J-POPベストアルバム]や全国CD SHOPが選ぶ[CD SHOP大賞]にノミネートされるなど、音楽関係者やリスナーからも高い評価を得、ロングセールスを記録した。
2011年3月、完全セルフ・プロデュース&レコーディングによるミニ・アルバム「ONLY YU」をリリース。作詞・作曲・編曲・プログラミング・演奏まで、たった一人(一人多重奏)で行った同作は、まさに彼にしか出来ないOne and Onlyの作品となり、アーティストとしての才能をさらに大きく開花させた。又、秋にはNew Yorkで行われたイベントに出演。海外リスナーからも大歓声を浴び、自身初となる海外公演を成功に収めた。
2012年2月、ソニー<ブラビア>CMソングの「Lalalai」をデジタル配信。4月にニュー・シングル「君と僕の挽歌」(テレビ東京系アニメ「君と僕。2」エンディングテーマ)と5月にセカンド・フルアルバム「How’s it going?」を連続リリース。彼が音楽を始めたきっかけとなった、亡き親友への溢れる想いを綴った渾身の楽曲「君と僕の挽歌」 は、印象的なメロディ・ラインと力強い歌声、様々な境遇にも置き換えて共感できる歌詞が多くのリスナーの心を捉えロングセールスを記録するとともに、音楽誌「WHAT’s IN」にて発表された『Music of The Year(音楽関係者80名のアンケートによる2012年のBEST MUSIC)』 のシングル部門で2位にランクイン!「How’s it going?」も同誌のアルバム部門で9位にランクインし高く評価された。
アルバムを携えた全国バンドツアー『さかいゆう TOUR 2012 “How’s it going?”』も大成功に納め、11月には自身二度目の海外公演となるLONDONでのライブにも出演。
2013年1月、地上波TV「TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回」に出演。日本の名曲「ふるさと」「上を向いて歩こう」をクワイアとともにゴスペル・アレンジで披露し絶賛された。ますます彼の音楽的才能に注目が集まる中、4月に2013年第一弾となる4thシングル「僕たちの不確かな前途」をリリース。 山崎まさよしトリオをレコーディングに、作詞に森雪之丞氏を迎えた、さかい流“青春ソング”は新たなアプロ-チによる今までにはない一曲となった。そして、TVCM(三菱自動車 eKワゴン)に起用され、話題となった楽曲「薔薇とローズ」を10月に5作目のシングルとしてリリース。大きな注目を集めた。
2014年1月15日にはKREVA、Emi Meyer、秦 基博という豪華アーティストとのコラボレーション楽曲から、グルーヴ感溢れるR&Bナンバー、切ないバラードソング、そしてエレクトロまで・・・音楽ジャンルにとらわれない、深化を遂げた“さかい流POPS”が詰まった、通算3作目となるオリジナルアルバム「Coming Up Roses」を発売、同アルバムを引っ提げて、4月から全国7か所で行われた全国ツアーも大盛況のうちに幕を閉じた。
2014年9月3日、1st EP「サマー・アゲインEP」のリリースが決定。

さかいゆうのおすすめハイレゾ Hi-Res 16 ハイレゾ一覧

さかいゆうのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 2 ハイレゾアルバム一覧

さかいゆうのおすすめシングル 43 シングル一覧

さかいゆうのおすすめアルバム 5 アルバム一覧

  • アルバム/再燃SHOW/さかいゆう

    2016/11/16リリース

    再燃SHOW
    さかいゆう

    750

    3曲収録

  • アルバム/4YU/さかいゆう

    2016/2/3リリース

    4YU
    さかいゆう
    どこまでもフレッシュでエバーグリーンなハイ・トーン・ヴォーカルと、一寸のスキなく明朗に奏で上げる小気味良いメロディ展開。さかいゆうがさかいゆうで在ることを音魂に込めた4枚目のアルバム。まだ4作目、もう4作目……その狭間を、楽しげに歌い奏でるアーティストとしての姿が見えてくる。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/ジャスミン/さかいゆう

    2015/10/21リリース

    ジャスミン
    さかいゆう
    高知県出身のシンガー・ソングライター、さかいゆうの6枚目のシングル。プロデューサーに蔦谷好位置が迎えられた表題曲は、彼の寄り添うような温かさとなめらかさを持つ声が存分に活かされたミディアム・バラード。聴いていると優しい気持ちになれるナンバーだ。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/サマーアゲイン/さかいゆう

    2014/9/3リリース

    サマーアゲイン
    さかいゆう

    1,000

    5曲収録

  • アルバム/Coming Up Roses/さかいゆう

    2014/1/15リリース

    Coming Up Roses
    さかいゆう
    大物アーティストのお墨付きをもらっていることでも知られるSSWの3作目。CMソングとしてヒットした「薔薇とローズ」、山崎まさよしが参加した「僕たちの不確かな前途」のほか、KREVAやエミ・マイヤー、秦基博との共演などさまざま。ソウルフルでポップな作風の中に温かさが込められている。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

さかいゆうのおすすめ着信音 48 着信音一覧

さかいゆうのおすすめ歌詞 37 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ