MONO NO AWARE

MONO NO AWARE

東京都八丈島出身の玉置周啓、加藤成順は、大学で竹田綾子、柳澤豊に出会った。
その結果、ポップの土俵にいながらも、多彩なバックグラウンド匂わすサウンド、期待を裏切るメロディライン、言葉遊びに長けた歌詞で、ジャンルや国内外の枠に囚われない自由な音を奏でるのだった。
2017年3月1st アルバム「人生、山おり谷おり」を全国流通。
FUJI ROCK FESTIVAL’16 [ROOKIE A GO-GO]を経て、翌年のルーキー投票からメインステージのレッドマーキーに出演し、その後もVIVA LA ROCKやBAYCAMP等の大型フェスに出演。2017年12月に「人生、山おり谷おり」LP&ZINEのリリースを記念し渋谷WWWで開催したイベントはチケット完売。The CribsやFazerdaze等の海外アーティストのサポートアクトを務め、次世代のロックバンドとして注目を集める。