tacica

tacica

2005年結成、北海道出身のロック・バンド。バンド名はメンバーの“確かね……”という口癖に由来。2005年4月から札幌を拠点に活動を開始。2007年2月のライヴ会場限定ミニ・アルバム『Human Orchestra』がインディ・チャート首位を獲得するなど話題を呼ぶ。2008年10月に1stフル・アルバム『parallel park』でメジャー・デビュー。以降、アニメ『宇宙兄弟』主題歌「HALO」などヒット作を放つ。メンバー脱退により、猪狩翔一(vo,g)、小西悠太(b)の2名体制で再始動。2015年5月にアルバム『LOCUS』を発表。2016年2月にシングル「発熱」をリリース。

tacicaのおすすめハイレゾ Hi-Res 29 ハイレゾ一覧

tacicaのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 4 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/ordinary day/SUNNY/tacica

    2018/4/4リリース

    ordinary day/SUNNY
    tacica
    前作「発熱」から約2年1ヵ月ぶりとなる、2018年4月4日リリースの通算10枚目のシングル。彼らのフィロソフィーともいえる人生観を徹底的に追求した、「ordinary day」と「SUNNY」を収録した両A面だ。 (CDジャーナル)

    800

    FLAC

    24bit/48kHz

    2曲収録

  • ハイレゾアルバム/新しい森/tacica

    2017/8/30リリース

    新しい森
    tacica
    tacica結成10周年記念イヤーを経て放つミニ・アルバム。2名体制になった身軽さを封印し、サポートに2名を加えてあえて4人バンドとしての音にこだわって制作。自分たちの音楽の原点と新機軸を見つめ直した6曲を収録 (CDジャーナル)

    2,400

    FLAC

    24bit/48kHz

    6曲収録

  • ハイレゾアルバム/HEAD ROOMS/tacica

    2016/4/6リリース

    HEAD ROOMS
    tacica
    2015年で10周年を迎えたtacica。前作からわずか10ヵ月でのリリースとなった6枚目のアルバム。冒頭の「夜明け前」で狂おしいほどの飢餓感と疾走感にもうヤられるわけだが。最後の「NWM」まで駆け抜ける。いい曲目白押し。いいバンドじゃんとあらためて感じる全11曲 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    11曲収録

  • ハイレゾアルバム/LOCUS/tacica

    2015/5/27リリース

    LOCUS
    tacica
    2005年に札幌で結成され2014年より二人組バンドとして活躍する彼らの通算5枚目。エッジの利いたギターとちょっとハスキーで伸びやかなヴォーカル、切なくも美しく、かつ力強いメロディは健在で、シンプルなアンサンブルながら、1曲の中で目まぐるしく変わっていくアレンジ能力はさすがだ (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    10曲収録

tacicaのおすすめシングル 106 シングル一覧

tacicaのおすすめアルバム 16 アルバム一覧

  • アルバム/ordinary day/SUNNY/tacica

    2018/4/4リリース

    ordinary day/SUNNY
    tacica
    前作「発熱」から約2年1ヵ月ぶりとなる、2018年4月4日リリースの通算10枚目のシングル。彼らのフィロソフィーともいえる人生観を徹底的に追求した、「ordinary day」と「SUNNY」を収録した両A面だ。 (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/新しい森/tacica

    2017/8/30リリース

    新しい森
    tacica
    tacica結成10周年記念イヤーを経て放つミニ・アルバム。2名体制になった身軽さを封印し、サポートに2名を加えてあえて4人バンドとしての音にこだわって制作。自分たちの音楽の原点と新機軸を見つめ直した6曲を収録 (CDジャーナル)

    1,500

    6曲収録

  • アルバム/HEAD ROOMS/tacica

    2016/4/6リリース

    HEAD ROOMS
    tacica
    アニメ「ハイキュー!!セカンドシーズン」EDテーマ「発熱」を含む待望の6th ALBUM!

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/発熱/tacica

    2016/2/24リリース

    発熱
    tacica
    札幌発のロック・バンド、tacicaのシングル。TVアニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』第2クールのエンディング・テーマに起用のタイトル曲は、爽快感に満ちたロック・ナンバー。ハートウォームなミディアム・アップ「510」でのおおらかなヴォーカルも耳に残る。 (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

  • アルバム/LOCUS/tacica

    2015/5/27リリース

    LOCUS
    tacica
    2005年に札幌で結成され2014年より二人組バンドとして活躍する彼らの通算5枚目。エッジの利いたギターとちょっとハスキーで伸びやかなヴォーカル、切なくも美しく、かつ力強いメロディは健在で、シンプルなアンサンブルながら、1曲の中で目まぐるしく変わっていくアレンジ能力はさすがだ。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/LEO/tacica

    2014/9/10リリース

    LEO
    tacica
    前作「HALO」に続く、2014年9月10日リリースのシングル。タイトル曲「LEO」は、ユニークな詞世界と美しいメロディがマッチしたナンバー。TBS系アニメ『ハイキュー!!』エンディング・テーマとなっている。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/HALO/tacica

    2013/11/27リリース

    HALO
    tacica
    アルバムから4ヵ月という短いタームでのリリースとなるシングル。空に飛び出していくような開放感のあるTVアニメ『宇宙兄弟』オープニング・テーマの「HALO」、亡くなった人へ向けたスケールの大きなミディアム・チューン「キャスパー」、ライヴ・テイク3曲という盛りだくさんの内容。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/HOMELAND 11 blues/tacica

    2013/7/17リリース

    HOMELAND 11 blues
    tacica

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/jibun/tacica

    2012/6/27リリース

    jibun
    tacica

    1,250

    5曲収録

  • アルバム/newsong e.p./tacica

    2012/1/18リリース

    newsong e.p.
    tacica
    4枚目のEPは、アコギ1本で切実に歌われる「wondermole」をはじめ、疾走するエモ・ナンバーのタイトル曲、グルーヴィなギター・ロックの「孵化」、ポスト・クラシカル風の「発明」など幅の豊かな演奏が楽しめる。もがき苦しむ日々も愛しいと思わせてくれるような愛と情熱を秘めた詞世界にも注目。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/sheeptown ALASCA/tacica

    2011/4/27リリース

    sheeptown ALASCA
    tacica

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/命の更新/tacica

    2011/3/16リリース

    命の更新
    tacica
    札幌出身のスリー・ピース・バンドのシングル第5弾。トリオ編成ならではのシンプルなビート・ロックに声高らかに生きるパワーを歌い上げたひた向きなナンバー。飾り気のなさが、逆にヒューマニックな温もりをも実感させ、悲壮感が漂う今の時代に対する彼らなりのメッセージが託されている。 (CDジャーナル)

    500

    2曲収録

tacicaのおすすめ着信音 34 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ