Selena Gomez

Selena Gomez

マルチプラチナ・セールスを誇るシンガー、セレーナ・ゴメスが、インタースコープ・レコードへの移籍第1弾として、ポップ・アーティストとしての自身の役割を再定義し、今までで最も複雑で説得力のあるアルバムをリリースする。パワフルで、情熱的な激しさを放つ、スリリングで洗練されたアルバム『リバイバル』で23歳のセレーナは、エイサップ・ロッキーといったアーティストたちと共作し、生の感情を若い魅力にあふれるポップミュージックに注ぎ込んだ。今回セレーナが新たに見いだしたクリエイティブな抑制力や、ソウルフルなボーカルをこれまで以上に駆使する能力は、リードシングル「グッド・フォー・ユー」に明確に読み取ることができる。指を鳴らすビートにのった、聴けば聴くほど魅力を増すこの曲は、リリース初週にビルボードのデジタル・ソング・チャート1位を獲得し、ローリング・ストーン誌が選ぶ“現時点までの2015年ベスト・ソング・トップ25”にランクインしている。

『リバイバル』全編を通して、セレーナは自身の真価が認められる喜びと苦悩を深く掘り下げている。張り詰めた感覚は1曲目のタイトルトラック冒頭の歌詞に表現されている(“私は未来に飛び込む/でも太陽がまぶしくて目がくらんでしまう/私は一瞬ごとに生まれ変わる/だから私が何者になるのか、誰にも分からない”)。「今回のアルバム制作で初めて、みんなが私の目を見て『君がやりたいことは何?』って尋ねてくれた」とテキサス州グランドプレーリー育ちのセレーナは回想する。彼女は10歳で演技を始め、17歳でファースト・アルバムを発表した。「これまでとは全く異なる挑戦だった」と彼女は語る。当初その挑戦におじけづいたことを認めながらも、彼女はすぐに制作面での自由を享受するようになったと言う。「私の生活の大半は、あまりにも周囲の目にさらされてきた。そして今、私にとって大切なものについて語れるようになりたいと思っているの。人々がどう受け取るのかを恐れずにね」と彼女は言う。「私は気持ちをごまかすことだけはできないからよ。私の歌は全て、完全に私自身でないとダメなの」

前作となる2013年のアルバム『スターズ・ダンス』は、リリース初週にビルボードのアルバム・チャート1位を獲得し、「カム&ゲット・イット」はトリプル・プラチナセールスを記録するナンバーワン・ヒットとなった。『リバイバル』は前作と同様に、極めて個人的であると同時に社会に目を向けた歌詞に、穏やかな激しさを持つスピリットを調和させている。「このアルバムの核心にあるのは、友達との関係や恋人との関係、あるいは日常生活の中で、人が人をどう扱うのかに関する私の考えなの」とセレーナは語る。例として彼女が挙げたのは、衝撃的でありながら陶酔的な「ソバー」の歌詞だ(“あなたは不毛な夢のよう/私は全てをあなたに捧げた/だけどシラフの時のあなたは、私の愛し方を知らない”)。「『ソバー』は、人付き合いが不器用で、緊張をほぐすためにお酒を飲まなきゃならないと感じる人のことを歌っている」とセレーナは説明する。「ビートもメロディーも素晴らしいステキな曲だけど、この曲を聴く多くの人たちがかなり共感できるメッセージが込められている」

このように強い意志を持った感受性が「キル・エム・ウィズ・カインドネス」のような曲も生み出した。見事なほど自由奔放で、シンセサイザーが多用されたこの曲は、力強い歌詞を全く新しい種類のダンスチューンにのせている(“あなたのウソは弾丸/あなたの口はピストル/怒りにまかせた戦争が勝利につながることは決してない”)。「セイム・オールド・ラヴ」(チャーリーXCXとの共作で、ピアノを織り交ぜ、重厚なグルーヴ感のある耳に残るエレクトロ・ポップ)では、セレーナは愛の暗い側面に注目し、痛みを解き放つことによって力を得る可能性を発見する。「あの曲は一部には、過去が現在の人間関係にいかに影響を及ぼすのかについて語っている。ひょっとしたら自分で気づきもしない間に、過去は人生に大きな影響を与えかねないということをね」とセレーナは言う。

魅惑的なビート、滑らかな音質、息を漏らすような優雅なボーカルが特徴的な「ハンズ・トゥ・マイセルフ」では、セレーナは一変して明るく喜びに満ちた恋愛を歌っている(“あなたはジン&ジュース/だからお願い、ひとくち味わわせて”)。ファースト・シングルの「グッド・フォー・ユー」(共作者のエイサップ・ロッキーがゲストでフィーチャーされている)では、飾りを取り払ったセレナードに官能的なエネルギーが注がれている。同曲はリリース初週、ビルボードのデジタル・ソング・チャートで1位を獲得し、デジタル・シングルとしては当時の最高リリース週セールスを記録した。

センチメンタルな曲であれ、クラブ向きのトラックであれ、セレーナは優美なまでに抑制を効かせたダイナミックなボーカルの存在感を、『リバイバル』全曲で披露している。「このアルバムを作るにあたって優先したのは、自分の長所を見いだすことだった。そしてその方法の1つとして、私の持つ低い声区を模索してみたの」と彼女は語る。「その挑戦をすごく誇りに思っているし、最高のパフォーマンスを引き出すのに役立ったと思う」。もう1つ、彼女が誇りに思っていることがある。それは、自分の魂をありのままに歌詞に反映させることへの恐怖をぬぐい去れたことだ。「私の人生のある特定の出来事について語るのは気が進まない時期もあった。だから、そういう気持ちを解き放たなきゃならなかったの」とセレーナは語る。「次第に、そういう心の壁を取り壊す方法が分かってきて、それがとてもうれしかった。すごく精神的に疲れる作業だったけど、それはいい意味で大変だったわ」。こうしたプロセスには時として、創造的な問題解決が必要だった。例えば、セレーナと制作チームは制作を中断し、頭を整理するためにメキシコへ急遽、旅に出たことがある。「その時点ですでに17曲を録音していたけれど、まだ何かが足りない気がした」と彼女は言う。「そこで、私が好きな作曲家やプロデューサーに、私と一緒にプエルト・バヤルタに来てもらえるように頼んだの。LAを離れ、安全地帯から飛び出すためにね。結果的に、新たに4曲が生まれて、レコーディングも少し行った。アルバムのタイトルを思いついたのもメキシコだったわ」

『リバイバル』はセレーナのキャリアにおける最も新しい1章となる。15歳でディズニー・チャンネルの番組で主演を務め、2012年にはハーモニー・コリンのカルトムービー「スプリング・ブレイカーズ」で中心人物を演じた。その一方で、世界で2100万枚以上のシングルを売り上げた。「このアルバムを、人生の大部分を共に過ごしてきてくれた私のファンに届けて、ファンのみんなに私の新たな物語を伝えられることがとてもうれしい」と彼女は語る。「だけど、これまで私の歌を聴いたことのない人たちがヘッドフォンをつけて、この物語を体験してくれることも楽しみだわ」。セレーナによると、歌の中で完全に無防備な状態の自分をさらけ出せたことが、物語の強さと大いに関係があると言う。「今回、私の声には、私自身が今まで一度も感じたことのない誠実さが宿っている。つまり、私は過去にリリースした全ての作品を愛しているし、大切にしていたけれど、自分の心の奥底にある何かを歌に取り入れる方法が本当に分かったのは今回が初めてだったと思う」と彼女は語る。「全てを理解したとは全く思っていないし、今後も常に学び続けて、成長し続けるつもりよ。でも、このアルバムは確実に今の私の姿を映し出した作品なの」

Selena Gomezのおすすめハイレゾ Hi-Res 25 ハイレゾ一覧

Selena Gomezのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 2 ハイレゾアルバム一覧

Selena Gomezのおすすめシングル 84 シングル一覧

Selena Gomezのおすすめアルバム 7 アルバム一覧

Selena Gomezのおすすめ着信音 6 着信音一覧

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ