マドンナ

マドンナ

関連記事



<バイオグラフィ>
1958年米国ミシガン州生まれ。1982年「エヴリバディ」でデビュー、1984年の2ndアルバム『ライク・ア・ヴァージン』で世界ブレイク、以来“クイーン・オブ・ポップ”として世界トップ・アーティストに君臨。1992年には自身のレーベル“マヴェリック”を設立。2008年には「ロックの殿堂」入り。デビューから30年以上を経た現在でも、最先端の音楽に挑戦する世界で最も創造性に富んだ音楽アーティストの一人。
2015年3月11日、13作目のスタジオ・アルバムとなる最新作『レベル・ハート』がリリース。

◆スタジオ・アルバム:
『バーニング・アップ』(1982)
『ライク・ア・ヴァージン』(1984)
『トゥルー・ブルー』(1986)
『ライク・ア・プレイヤー』(1989)
『アイム・ブレスレス』(1990)
『エロティカ』(1992)
『ベッド・タイム・ストーリーズ』(1994)
『レイ・オブ・ライト』(1998)
『MUSIC』(2000)
『アメリカン・ライフ』(2003)
『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』(2005)
『ハード・キャンディー』(2008)
『MDNA』(2012)
『レベル・ハート』(2015)

◆ベスト・アルバム(4枚)
『ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ』(1990)
『ベスト・オブ・マドンナ~バラード・コレクション』(1995)
『グレイテスト・ヒッツ Vol. 2』(2001)
『セレブレイション~マドンナ・オール・タイム・ベスト』(2009)

◆来日公演は過去に4回:1987年、1990年、1993年、2006年

◆音楽以外の分野でもトップの影響力を持つ存在として活躍。
※ファッション: 最新ではヴェルサーチ2015年春夏キャンペーンビジュアル。過去にもヴェルサーチ、ルイ・ヴィトン、グッチ、H&M(マドンナがデザインを手掛けたM by Madonna for H&M)、GAPとコラボ。
※映画: デビュー当時から意欲的に関わり、出演も監督もこなし、サントラも担当。代表的な作品は『フーズ・ザット・ガール』(1987、主演、テーマ曲全米1位)、『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』(1991、ツアー・ドキュメンタリー、全米映画興行収入チャート2位)、『エビータ』(1997、主演、ゴールデン・グローブ賞3部門受賞)、『ネクスト・ベスト・シング(邦題:2番目に幸せなこと)』(2000、主題歌「アメリカン・パイ」世界25か国で1位)、“007シリーズ”『ダイ アナザー デイ』(2002、主題歌担当)、『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋(原題:W.E)』(2012、監督2作目、主題歌「マスターピース」第69回ゴールデン・グローブ賞主題歌賞受賞)
※慈善活動: マラウィの親善大使。2006年にRaising Malawi(http://www.raisingmalawi.org/)を共同設立、マラウィの100万人の孤児と子供たちを厳しい貧困と困難から救済するための活動をしている。マラウィのドキュメンタリー映画『I Am Because We Are』(2008)も制作した。

マドンナのおすすめシングル 658 シングル一覧

マドンナのおすすめアルバム 55 アルバム一覧

マドンナのおすすめ着信音 111 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ