SCANDAL

SCANDAL

2006年に大阪で結成された4人組のガールズ・バンド。メンバーはHARUNA(vo,g)、MAMI(g)、TOMOMI(b)、RINA(ds)。大阪城公園でのストリートライヴや関西のライヴハウスへ出演しながら、2008年に限定シングル「スペースレンジャー」を発表。北米6都市ツアーや仏、香港でもライヴを経験し、同年に1stシングル「DOLL」でメジャー・デビューを飾る。2012年の日本武道館ワンマン公演は、当時結成から5年7ヵ月というガールズ・バンド史上最速を記録。2014年12月、6枚目のオリジナル・アルバム『HELLO WORLD』をリリース。

SCANDALのおすすめハイレゾ Hi-Res 174 ハイレゾ一覧

SCANDALのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 14 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/SCANDAL/SCANDAL

    2017/2/15リリース

    SCANDAL
    SCANDAL
    2016年に結成10周年を迎えたSCANDALの2枚組ベスト。ファン投票による人気曲34曲に加え、新曲2曲も加えた計36曲。結成時に楽器を始めた4人が、徐々に演奏を上達させ、さらに作詞や作曲も積極的に手掛けるようになった10年間の歩みは、成長することの感動と4人の熱さでいっぱいでもある (CDジャーナル)

    4,400

    FLAC

    24bit/
    48kHz~96kHz

    36曲収録

  • ハイレゾアルバム/テイクミーアウト(Complete Pack)/SCANDAL

    2016/7/27リリース

    テイクミーアウト(Complete Pack)
    SCANDAL

    2,000

    FLAC

    24bit/96kHz

    5曲収録

  • ハイレゾアルバム/YELLOW/SCANDAL

    2016/3/2リリース

    YELLOW
    SCANDAL
    結成10周年を飾る全曲セルフプロデュースによる7枚目のアルバム。まさに全方位という表現がしっくりくる充実の内容は、女性バンドのポップとロックのカッコイイが同居する王道から、ルーツとなるグランジ、リズムが意識された多様性まで、集大成とその次の可能性の両方を見せてくれる (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/Sisters/SCANDAL

    2015/9/9リリース

    Sisters
    SCANDAL
    8ビートの王道ロック・ナンバーながら、オートチューンを使った導入部やドラムブレイクでのフィルター処理など、いかにもフェスやフロアで映えそうなダンス仕様を施した表題曲が秀逸。サビで重なるコーラスの開放感などはじつにライヴ向き。ぜひとも生で体験したいナンバー (CDジャーナル)

    1,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    3曲収録

  • ハイレゾアルバム/Stamp!/SCANDAL

    2015/7/22リリース

    Stamp!
    SCANDAL
    世界9ヵ国をまわるワールド・ツアーを敢行するなど、今や国内ガールズ・バンドの代表格となったSCANDALの21枚目のシングル。表題曲は持ち前の耳なじみの良いメロディラインにシンプルなコード構成が潔い王道パワー・ポップ。USインディ・ライクなカラッとしたサウンドが爽快な一曲 (CDジャーナル)

    1,200

    FLAC

    24bit/48kHz

    3曲収録

  • ハイレゾアルバム/HELLO WORLD/SCANDAL

    2014/12/3リリース

    HELLO WORLD
    SCANDAL
    セルフ・プロデュースをメインに、亀田誠治、小室哲哉も参加した6作目。時に小気味好く、時にハードなダイナミズムには“より良い明日へ”といった思いが息づき、何よりも等身大のロック姿が快い。同世代の女子でなくともバンドがやりたくなる一枚であり、彼女たち自身、新章に入った印象が (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/STANDARD/SCANDAL

    2013/10/17リリース

    STANDARD
    SCANDAL
    ガールズ・ロック・バンドの5枚目のアルバム。彼女たちの魅力を存分に発揮したキュートな楽曲が並んでおり、ポップな曲から切なくなるようなメロディのナンバーまでどれも抜群の出来だ。お洒落なアレンジを施しながら、ロック・フィールにもあふれているのがアルバムの聴きどころでもある (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    13曲収録

  • ハイレゾアルバム/ENCORE SHOW/SCANDAL

    2013/2/6リリース

    ENCORE SHOW
    SCANDAL
    大阪出身4人組ガールズ・バンドで、シングルのカップリング曲に新曲や未発表曲を加えた編集盤。彼女たちらしいポップで爽快感のある曲が並び、リラックスした躍動感が充満している。新曲はラップ・バトルとエレクトロとハード・ロックとをゴチャマゼにしたようなミックス感覚が新鮮 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    17曲収録

  • ハイレゾアルバム/Queens are trumps -切り札はクイーン-/SCANDAL

    2012/9/26リリース

    Queens are trumps -切り札はクイーン-
    SCANDAL
    本格的なハード・ロック・サウンドが響きわたる「Queens are trumps」、ギターを中心にしたバンド・グルーヴが気持ちいい「ピンヒールサーファー」(作詞・作曲/和田唱)、ガレージ系のサウンドをフィーチャーした「Rock'n Roll」などを収めた4枚目のアルバム。演奏力、表現力も大きく向上している (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/SCANDAL SHOW/SCANDAL

    2012/3/7リリース

    SCANDAL SHOW
    SCANDAL
    進化系ガールズ・バンド初のベスト・アルバム。デビュー作「DOLL」から「HARUKAZE」までのシングル、カップリングやアルバム曲からメンバーが選んだ15曲にライヴ定番曲「SCANDALのテーマ」をプラス。これまでの歴史が濃縮された一枚だ (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    16曲収録

  • ハイレゾアルバム/BABY ACTION/SCANDAL

    2011/8/10リリース

    BABY ACTION
    SCANDAL
    2006年結成の女性4人組による3枚目のアルバム。阿木燿子&宇崎竜童が手掛けた「スキャンダルなんてブッ飛ばせ」も印象的だが、何よりも感じられるのがバンドの醸し出す勢い。ヒダカトオル(元BEAT CRUSADERS)もプロデューサーとして参加。自作曲でまとめた作品への期待も高まる (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/R-GIRL's ROCK!/SCANDAL

    2010/11/17リリース

    R-GIRL's ROCK!
    SCANDAL
    “ガールズ・ロックにリスペクト”をテーマにしたカヴァー・ミニ・アルバム。アン・ルイス、JUDY AND MARY、ZONEなど幅広い世代の楽曲を、等身大のバンド・サウンドでカヴァーするさまから浮かび上がるのは、強さと繊細さを同時に体現していくガールズ・ロックのDNA。彼女たちも偉大な先達の正統的後継者なのだ (CDジャーナル)

    2,800

    FLAC

    24bit/96kHz

    7曲収録

SCANDALのおすすめシングル 291 シングル一覧

SCANDALのおすすめアルバム 42 アルバム一覧

  • アルバム/HONEY/SCANDAL

    2018/2/12リリース

    HONEY
    SCANDAL
    やるせなさを振り切るかのごとくソリッドに駆け抜ける「プラットホームシンドローム」「OVER」に始まり、祭り囃子ビート轟く「テイクミーアウト」、沙田瑞紀(ねごと)編曲のちょっぴりブルーな「窓を開けたら」などを収めた8作目。AMIAYAとのコラボ・アートワークも利いて、女の子のKAWAIIが眩しい。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/恋するユニバース/SCANDAL

    2017/10/22リリース

    恋するユニバース
    SCANDAL

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/SCANDAL/SCANDAL

    2017/2/15リリース

    SCANDAL
    SCANDAL
    2016年に結成10周年を迎えたSCANDALの2枚組ベスト。ファン投票による人気曲34曲に加え、新曲2曲も加えた計36曲。結成時に楽器を始めた4人が、徐々に演奏を上達させ、さらに作詞や作曲も積極的に手掛けるようになった10年間の歩みは、成長することの感動と4人の熱さでいっぱいでもある (CDジャーナル)

    3,000

    36曲収録

  • アルバム/テイクミーアウト(Complete Pack)/SCANDAL

    2016/7/27リリース

    テイクミーアウト(Complete Pack)
    SCANDAL
    2016年第1弾シングル。タイトル曲「テイクミーアウト」は特徴的なギターリフとリズミカルなドラムによる踊れるオリエンタル・ロック・チューン。ポジティヴで明快な一曲だ。 (CDジャーナル)

    1,200

    5曲収録

  • アルバム/YELLOW/SCANDAL

    2016/3/2リリース

    YELLOW
    SCANDAL
    ワールドツアーを成功させた本格派・最強ガールズバンド待望の7thアルバム!

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/Sisters/SCANDAL

    2015/9/9リリース

    Sisters
    SCANDAL
    8ビートの王道ロック・ナンバーながら、オートチューンを使った導入部やドラムブレイクでのフィルター処理など、いかにもフェスやフロアで映えそうなダンス仕様を施した表題曲が秀逸。サビで重なるコーラスの開放感などはじつにライヴ向き。ぜひとも生で体験したいナンバー。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/Stamp!/SCANDAL

    2015/7/22リリース

    Stamp!
    SCANDAL
    世界9ヵ国をまわるワールド・ツアーを敢行するなど、今や国内ガールズ・バンドの代表格となったSCANDALの21枚目のシングル。表題曲は持ち前の耳なじみの良いメロディラインにシンプルなコード構成が潔い王道パワー・ポップ。USインディ・ライクなカラッとしたサウンドが爽快な一曲。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/HELLO WORLD/SCANDAL

    2014/12/3リリース

    HELLO WORLD
    SCANDAL
    セルフ・プロデュースをメインに、亀田誠治、小室哲哉も参加した6作目。時に小気味好く、時にハードなダイナミズムには“より良い明日へ”といった思いが息づき、何よりも等身大のロック姿が快い。同世代の女子でなくともバンドがやりたくなる一枚であり、彼女たち自身、新章に入った印象が。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/Image/SCANDAL

    2014/11/19リリース

    Image
    SCANDAL
    人気4人組ガールズ・バンドの、6枚目のアルバムの先行シングル。荒っぽく疾走するバンド・サウンドに乗せて、シリアスなメロディを焦燥感にあふれたヴォーカルで聴かせ、キラー・ロック・チューンといえる仕上がり。ユーモラスな味わいのカップリング曲もおもしろい。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/夜明けの流星群/SCANDAL

    2014/7/16リリース

    夜明けの流星群
    SCANDAL
    今やガールズ・バンドの代名詞とも言える存在となったSCANDALの19枚目となるシングル。ポケモン・ザ・ムービーXY『破壊の繭とディアンシー』主題歌のタイトル曲は、前向きな歌詞とコーラスワークが印象的なロック・チューン。キラキラと煌めくメロディもあいまって、まさに夏を彩る一曲と言える仕上がり。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/Departure/SCANDAL

    2014/4/23リリース

    Departure
    SCANDAL
    2014年4月23日リリースのシングル。「Departure」は3月3日に1日限定でWEB公開された楽曲で、ファンの要望を受けてCD化。プロデューサーに亀田誠治を迎えた“セツナメロ”ロックとなっている。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/STANDARD/SCANDAL

    2013/10/2リリース

    STANDARD
    SCANDAL
    ガールズ・ロック・バンドの5枚目のアルバム。彼女たちの魅力を存分に発揮したキュートな楽曲が並んでおり、ポップな曲から切なくなるようなメロディのナンバーまでどれも抜群の出来だ。お洒落なアレンジを施しながら、ロック・フィールにもあふれているのがアルバムの聴きどころでもある。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

SCANDALのおすすめ着信音 141 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ