新沼謙治

新沼謙治

1956年2月27日生まれ、岩手県大船渡市出身の男性歌手。日本テレビ系オーディション番組『スター誕生』をきっかけに、1976年「おもいで岬」でデビュー。続く「嫁に来ないか」が大ヒット、純朴な田舎の好青年そのままのキャラクターで人気者に。賞レースでは新人賞を総ナメし、NHK『紅白歌合戦』にも初出場を果たす。その後、「ヘッドライト」「酒とふたりづれ」「津軽恋女」などヒットを放つかたわら、役者としての才能も発揮。映画『二百三高地』をはじめ、映画やドラマにも出演する。2012年11月発表のシングル「雪の宿/ふるさとは今もかわらず」収録の「ふるさとは今もかわらず」が大きな反響を呼び、2013年7月にはそのシンフォニック・ヴァージョンを含んだシングルをリリースする。

新沼謙治のおすすめハイレゾ Hi-Res 16 ハイレゾ一覧

新沼謙治のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

新沼謙治のおすすめシングル 359 シングル一覧

新沼謙治のおすすめアルバム 9 アルバム一覧

  • アルバム/盛川(さかりがわ)/新沼謙治

    2018/4/28リリース

    盛川(さかりがわ)
    新沼謙治
    「盛川(さかりがわ)」は新沼が作詞作曲した意欲作で、故郷・岩手県大船渡市を経て海に出る盛川になぞらえて、彼のテーマの一つである“故郷”への思いを素直に朴訥と歌っている。自身にとっては唱歌「故郷(ふるさと)」に代わる“忘れ難き故郷”を歌った曲と言えよう。 (CDジャーナル)

    1,080

    8曲収録

  • アルバム/新沼謙治全曲集 たろうの初恋/新沼謙治

    2017/11/22リリース

    新沼謙治全曲集 たろうの初恋
    新沼謙治

    2,057

    16曲収録

  • アルバム/たろうの初恋/新沼謙治

    2017/4/19リリース

    たろうの初恋
    新沼謙治
    岩手県大船渡市出身の演歌歌手、2017年第1弾シングル。表題曲は、帰郷して初恋の相手を思い起こす主人公の心情を描いた、ほろ苦いポップス調の楽曲。切なさと愛情の入り混じる気持ちが切々と歌われ、在りし日の二人の姿が映像となって目に浮かぶ。曲調は明るめで、どこか希望を感じられる (CDジャーナル)

    1,080

    8曲収録

  • アルバム/新沼謙治 全曲集 青春花火/新沼謙治

    2016/11/23リリース

    新沼謙治 全曲集 青春花火
    新沼謙治

    2,057

    16曲収録

  • アルバム/青春花火/新沼謙治

    2016/7/20リリース

    青春花火
    新沼謙治
    岩手県大船渡市出身、「嫁に来ないか」以降ヒットを続け、温厚な人柄でも人気の演歌歌手。BoA作品などで知られる渡辺なつみの詞に浜 圭介の懐かしくも儚いメロディを乗せた表題曲は演歌歌謡曲版「少年時代」といったところか。自作の「左官職人 こね太郎」は“練って 練って〜”のサビが楽しい。 (CDジャーナル)

    1,080

    8曲収録

  • アルバム/スーパー・カップリング・シリーズ ヘッドライト/津軽恋女/新沼謙治
  • アルバム/俺の昭和が遠くなる(シングル バージョン)/新沼謙治

    2016/2/17リリース

    俺の昭和が遠くなる(シングル バージョン)
    新沼謙治
    2016年にレコード・デビュー40周年を迎える実力派シンガー、約1年ぶりのシングル。変わってしまった現在を嘆き、優しかった時代に思いをはせる歌詞は多くのリスナーから共感を得ることだろう。「ありがとう、友よ」では一部を英語で歌っていることでも話題を呼びそうだ。 (CDジャーナル)

    1,080

    6曲収録

  • アルバム/新沼謙治全曲集 まぼろしのキラク/新沼謙治

    2015/11/18リリース

    新沼謙治全曲集 まぼろしのキラク
    新沼謙治

    2,057

    16曲収録

  • アルバム/究極ベスト/新沼謙治/新沼謙治

    2015/2/18リリース

    究極ベスト/新沼謙治
    新沼謙治

    1,389

    9曲収録

新沼謙治のおすすめ着信音 225 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ