Analogfish

Analogfish

長野県出身のオルタナティヴロック・バンド。メンバーは下岡晃(vo,g)、佐々木健太郎(vo,b)、斉藤州一郎(ds,vo)の3名。1999年に佐々木、下岡によって結成。2000年に上京し、翌年より都内でライヴを開始。2002年に斉藤が加入。2004年にミニ・アルバム『Hello Hello Hello』でメジャー・デビュー。その後、コンスタントに作品を手掛ける。2008年に斉藤が病気療養のため脱退するも、翌年に復帰。以降もネット配信を含む楽曲制作やライヴ活動などを精力的に展開。2018年に10枚目のアルバム『Still Life』をリリース。

Analogfishのおすすめシングル 96 シングル一覧

Analogfishのおすすめアルバム 9 アルバム一覧

  • アルバム/Still Life/Analogfish

    2018/7/25リリース

    Still Life
    Analogfish
    Analogfishの約3年ぶり、通算10枚目のアルバム。下岡晃(g、vo)のクールネスと佐々木健太郎(b、vo)のエモーションがコントラストをなす作風はそのままに、ソフトで洗練されたソウル・フィーリングが加わり、新機軸を打ち出している。 (CDジャーナル)

    2,057

    9曲収録

  • アルバム/Almost A Rainbow/Analogfish

    2015/9/16リリース

    Almost A Rainbow
    Analogfish
    前作から11ヵ月のスパンで発表される9作目。エレクトロニックな要素やポエトリー・リーディングなど新たなアイディアが詰め込まれた前作を踏襲しつつ、佐々木が生む大らかなメロディを活かしたポップ・ソングや彼ららしいシニカルさをいい塩梅でブレンド。バンドの好調さがうかがえる。 (CDジャーナル)

    2,057

    11曲収録

  • アルバム/最近のぼくら/Analogfish

    2014/10/8リリース

    最近のぼくら
    Analogfish
    トリオ・ロック・バンドの8枚目となるアルバム。多彩なゲストが参加し、ベース・ラインがループする曲や4つ打ちのダンス・ビート、ポエトリーリーディングのヒップホップ的な曲など、非ロック的アイディアを随所に盛り込んだ意欲作。全体に漂うシニカルなムードも特筆もの。 (CDジャーナル)

    2,057

    11曲収録

  • アルバム/NEWCLEAR/Analogfish

    2013/3/6リリース

    NEWCLEAR
    Analogfish
    1年半ぶりとなるAnalogfishのアルバム。時代の核心をえぐり取るようなリアルなメッセージに、贅肉を削ぎ落として引き締まったバンド・アンサンブルが加わることで、物事の本質を時代性とともにストレートに強く表現している。 (CDジャーナル)

    2,057

    11曲収録

  • アルバム/荒野 / On the Wild Side/Analogfish

    2011/9/7リリース

    荒野 / On the Wild Side
    Analogfish
    キーボードや打ち込みのビート、エディットの手法もさりげなく取り込んだ、ブルックリンのバンドたちにも通じるモダンでクールな音楽。「戦争がおきた」をはじめ、社会的なテーマと個人の内面を重ね合わせた歌詞も、とても知的で志が高い。“文学のように聴けるロック・アルバム”として一級品。★ (CDジャーナル)

    2,057

    11曲収録

  • アルバム/失う用意はある?それともほうっておく勇気はあるのかい/Analogfish

    2011/5/11リリース

    失う用意はある?それともほうっておく勇気はあるのかい
    Analogfish
    2011年第1弾リリースとなる5曲入りEP。1曲目「PHASE」で歌われる印象的なリフレインをタイトルに冠しているように、シビアなメッセージが目立つ。従来のポップ感に新たな魅力が加わっている。 (CDジャーナル)

    1,026

    5曲収録

  • アルバム/Life Goes On/Analogfish

    2010/2/10リリース

    Life Goes On
    Analogfish
    斉藤州一郎(ds)の電撃復帰、大名曲「Life goes on」の先行シングル・リリースと、ファンをわくわくさせる流れで満を持してリリースされる大傑作。ハズレ曲なしの鉄壁の楽曲と素晴らしきハーモニーで、音楽の素晴らしさをこれでもかと伝えてくれる。「Life goes on」は間違いなく2010年ロック・シーンのハイライトのひとつになるだろう。★ (CDジャーナル)

    1,851

    10曲収録

  • アルバム/ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE. ANALOGFISH:HIBIYA YAON LIVE & MORE./Analogfish
  • アルバム/Fish My Life/Analogfish

     

    Fish My Life
    Analogfish

    1,543

    9曲収録

Analogfishのおすすめ着信音 95 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ