岡村靖幸

岡村靖幸

1965年8月14日、兵庫県神戸市生まれのシンガー・ソングライター/プロデューサー。愛称は“岡村ちゃん”。作曲家としての活動を経て、86年にシングル「Out of Blue」でデビュー。「イケナイコトカイ」「だいすき」などのスマッシュヒットで注目を浴び、言語やリズムのセンスから“和製プリンス”の異名も。2000年代に入り一時活動が鈍化するも、2011年より本格的に活動を再開。小出祐介(Base Ball Bear)や木津茂里ほか他アーティストとのコラボレーションやライヴも活発化。2016年1月、アルバム『幸福』をリリース。

岡村靖幸のおすすめハイレゾ Hi-Res 10 ハイレゾ一覧

岡村靖幸のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/家庭教師/岡村靖幸

    1990/11/16リリース

    家庭教師
    岡村靖幸
    90年に発表された4枚目のアルバムの再発盤。「どぉなっちゃってんだよ」「カルアミルク」をはじめ、誰にも真似することのできない濃厚かつオリジナリティあふれる岡村ちゃんの世界が高音質で蘇る。マスタリング・エンジニアは砂原良徳。今後も世代を超えて長く語り継がれていくであろう歴史的名盤だ (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    9曲収録

岡村靖幸のおすすめシングル 115 シングル一覧

岡村靖幸のおすすめアルバム 13 アルバム一覧

  • アルバム/彼氏になって優しくなって/岡村靖幸

    2014/11/12リリース

    彼氏になって優しくなって
    岡村靖幸
    小出祐介、久保ミツロウとコラボレーションした前作「愛はおしゃれじゃない」に続く、2014年11月12日リリースのシングル。作詞、作曲、編曲、プロデュースといずれも自身による、メランコリックなミディアム・アップとバラードの2曲を収録。 (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

  • アルバム/禁じられた生きがい/岡村靖幸

    2012/2/15リリース

    禁じられた生きがい
    岡村靖幸
    5年ぶりという長いインターバルを経て95年に発表された5作目。既発4曲+インスト1曲+新曲4曲だし、トータル・コンセプトも感じられないし、ぶっちゃけいびつな作品なのだが、それさえも愛しい90年代岡村ちゃんドキュメント。「青年14歳」の問答無用のかっこよさにしびれろ!★ (CDジャーナル)

    2,100

    9曲収録

  • アルバム/家庭教師/岡村靖幸

    2012/2/15リリース

    家庭教師
    岡村靖幸
    90年に発表された4枚目のアルバムの再発盤。「どぉなっちゃってんだよ」「カルアミルク」をはじめ、誰にも真似することのできない濃厚かつオリジナリティあふれる岡村ちゃんの世界が高音質で蘇る。マスタリング・エンジニアは砂原良徳。今後も世代を超えて長く語り継がれていくであろう歴史的名盤だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    9曲収録

  • アルバム/早熟/岡村靖幸

    2012/2/15リリース

    早熟
    岡村靖幸
    90年に発表されたセレクション・アルバムのBlu-spec CD仕様盤。ファースト〜サード・アルバムまでの楽曲を中心に収録した初期ベストといえる内容。キレキレのシャウトやしびれる歌詞のフレーズが満載。「イケナイコトカイ」はやはり名曲です。ジャケットもなかなか……。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/靖幸/岡村靖幸

    2012/2/15リリース

    靖幸
    岡村靖幸
    89年7月に発表されたサード・アルバム。初のセルフ・プロデュース作で、「Vegetable」「聖書」「だいすき」ほか多くの代表曲を収録する。ユニークなポップ・センスとファンクネスが生み出した傑作。才気煥発というほかない。四半世紀近く前の作品だというのに、昨日出たもののように聴こえる。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/DATE/岡村靖幸

    2012/2/15リリース

    DATE
    岡村靖幸
    オリジナルは88年リリース、オフィシャル・ファンクラブの名称にもタイトルがそのまま採用されている岡村ちゃんの名作のひとつが、デビュー25周年を記念して2012年版リマスタリングで復刻。シングル・カットされた「SUPER GIRL」「イケナイコトカイ」をはじめ、人気の高い楽曲を多数収録。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/yellow/岡村靖幸

    2012/2/15リリース

    yellow
    岡村靖幸
    87年のデビュー・アルバム。20代前半、音楽家人生を歩みはじめて間もない頃に生み出された楽曲の数々は80年代の香りでいっぱいだけど、楽曲から滲み出るワクワクや切なさはいつ聴いても変わらない。フェロモン全開のオーバーな歌い方も最初から確立されていたことと、その才能のすばらしさにあらためて脱帽。 (CDジャーナル)

    2,100

    9曲収録

  • アルバム/Me-imi/岡村靖幸

    2007/10/24リリース

    Me-imi
    岡村靖幸
    オリジナル・アルバムとしては9年ぶりの発売となった話題作。その9年前の作品ではメロディ自体が消失しかけているような危惧があったが、それはずいぶん解消された。ただ、かつて感じた、突き上げてくるような衝撃が見つけられない。まだリハビリ中か? (CDジャーナル)

    1,600

    8曲収録

  • アルバム/はっきりもっと勇敢になって/岡村靖幸

    2007/9/5リリース

    はっきりもっと勇敢になって
    岡村靖幸

    500

    4曲収録

  • アルバム/come baby/岡村靖幸

    2002/9/19リリース

    come baby
    岡村靖幸
    別段、意外な組み合わせではない。できあがった音も、それ程驚くようなものではない。しかし、これはやはり2002年屈指の事件だろう。反復するエレクトリック・ビートに、岡村の艶めかしいヴォーカルが乗っていく。これが復活の序章であることを願う。 (CDジャーナル)

    750

    3曲収録

  • アルバム/OH! ベスト/岡村靖幸

    2001/3/28リリース

    OH! ベスト
    岡村靖幸
    86年にデビューして以来、シンガー・ソングライターとして、またプロデューサーとして活躍している岡村靖幸の初ベスト。同発最新シングルまでを収録したコンプリート版。 (CDジャーナル)

    3,000

    22曲収録

  • アルバム/ラブメッセージ/岡村靖幸

     

    ラブメッセージ
    岡村靖幸
    監督を務める園 子温直々のオファーで制作した『映画 みんな!エスパーだよ!』主題歌を収めたシングル。80'sシンセやホーンのエッセンスに、むやみやたらとワクワクしちゃうポップ・チューンだ。オーバーリアクションな歌いっぷりが過剰も過剰で笑えるが、そのうちその必死さになんだか胸が打たれる。★ (CDジャーナル)

    514

    2曲収録

岡村靖幸のおすすめ着信音 90 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ