橘 いずみ

橘 いずみ

1968年12月11日、兵庫県生まれ。エモーショナルな歌唱と独特のメッセージを持つ歌詞で情念に訴えかける個性派女性シンガー・ソングライター。92年に「君なら大丈夫だよ」でデビュー、翌93年に「失格」「バニラ」のブレイクで注目を浴びた。94年には「永遠のパズル」がチャート9位まで上昇するスマッシュ・ヒット。マイ・ペースの創作活動を続け、99年にはトモフスキーとの共作曲を収録した企画アルバムが話題となった。

橘 いずみのおすすめシングル 88 シングル一覧

橘 いずみのおすすめアルバム 8 アルバム一覧

  • アルバム/TOUGH/橘 いずみ

    1997/5/21リリース

    TOUGH
    橘 いずみ
    自らの内面のどろっとした部分も躊躇なく表現し吐き出すように叫ぶ彼女、今回も詞の内容は痛かったり鋭かったりするが、歌い方は淡々としていて穏やか。実際タイトル曲で“どなってばかりじゃだめ”と歌う。彼女にしては、淡い印象の作品。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/ごらん、あれがオリオン座だよ/橘 いずみ

    1996/3/21リリース

    ごらん、あれがオリオン座だよ
    橘 いずみ
    演劇的要素を盛り込んだライヴを行なうなど言葉を伝えたいという姿勢が、過剰な音を削ったアレンジにも顕著な6作目。恋愛ばっかりじゃない、他人との関わり、社会との関わりなどに疑問を持ったり疲れたりしている20代の女性には、特にしみるのでは。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/十字架とコイン/橘 いずみ

    1995/2/22リリース

    十字架とコイン
    橘 いずみ
    自虐からは離れて、周辺に視線が移しラクになるかと思ったが、「物質だけっていうのは最低だけど、精神だってたいしたことないじゃん」と言ってしまうのがこの人の正直なところ。次作あたりで表現のスタイルが変わって大きく成長してくれそうな気がする。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/こぼれおちるもの/橘 いずみ

    1994/6/22リリース

    こぼれおちるもの
    橘 いずみ
    前作『太陽が見てるから』から間髪入れずの4作目。心の浮き沈みがはっきり見えて、抑揚があった前作に比べて、やや一本調子の感が否めない。『太陽』が佳作だっただけにもう少しタメてから出してもよかったんじゃないかと。「永遠のパズル」収録。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/太陽が見てるから/橘 いずみ

    1994/1/12リリース

    太陽が見てるから
    橘 いずみ
    大量の言葉数、そのどれもが彼女の胸から生まれ、正直さと少しの悪意が耳に新鮮。サウンド、そのどれもが彼女のヴォーカルを引き立たせるためだけにある。物凄い存在感で「橘いずみ」が吠えている。生の証明のように歌い続ける彼女は強いのか弱いのか? (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/どんなに打ちのめされても/橘 いずみ

    1993/4/1リリース

    どんなに打ちのめされても
    橘 いずみ
    自分自身を切り刻んでいる。いわゆる「悲劇のヒロイン」の一歩手前でのし上がろうとしている彼女の詞。サウンドやヴォーカルにはフォーク・ロック的なアプローチもあるが、彼女の「くたばりそうでくたばらない」頑固さは非常に現代的。シビアで訴える歌だ。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/君なら大丈夫だよ/橘 いずみ

    1992/6/21リリース

    君なら大丈夫だよ
    橘 いずみ
    掛け値なしの頑張ろうソング。それが全体的にシンプルに片付いた音で届くから聴いていて気持ちがいい。今はまだ半端な歌詞だけどもっともっと個人的に突き詰めていけば女性版KANになれるかも。アレンジに杉真理が参加しているタイトル曲(1)がいい。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/GOLDEN☆BEST / 橘 いずみ/橘 いずみ

    1983/3/21リリース

    GOLDEN☆BEST / 橘 いずみ
    橘 いずみ

    2,100

    15曲収録

橘 いずみのおすすめ着信音 10 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ