tio

tio

三重県四日市出身のインストゥルメンタル・バンド。メンバーは水谷真大(g,pan)、新美耕介(g)、下田貢(b)、伊藤祐介(ds)の4名。2008年に結成。2010年の『melancholic』以来4枚のアルバムを発表。ライヴハウスをはじめ、カフェ、ストリート、野外フェスなどさまざまなシチュエーションでライヴ活動を展開。2016年は初のアナログ盤をTRI4THとのスプリット7インチとして発表。自主企画イヴェント〈NUMBER〉も開催。2018年に『Tiny Island Orchestra』をリリース。

tioのおすすめハイレゾ Hi-Res 12 ハイレゾ一覧

tioのおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 1 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/1984/tio

    2017/11/15リリース

    1984
    tio
    2008年結成、三重出身の4人組インスト・バンドの12曲入りフル。nabowaらと同じ京都のbud music所属ということもあり、ジャム・バンド・スタイルに限定しない広がりのある演奏が魅力。スティールパンをメインの楽器にしている点も本作ではより効果的だ。同じ関西ということで脱線3のロボ宙も参加 (CDジャーナル)

    2,469

    FLAC

    24bit/48kHz

    12曲収録

tioのおすすめシングル 46 シングル一覧

tioのおすすめアルバム 5 アルバム一覧

  • アルバム/Tiny Island Orchestra/tio

    2018/7/4リリース

    Tiny Island Orchestra
    tio
    2008年に三重県で結成された4ピース・インストゥルメンタル・バンドの3年ぶりとなるフル・アルバム。持ち前のポップかつエモーショナルなメロディセンスを中心に、臨場感あふれるアンサンブルを楽しめる。 (CDジャーナル)

    1,697

    11曲収録

  • アルバム/AND/tio

    2017/6/7リリース

    AND
    tio
    4人組インスト・バンド、tioの約2年ぶりの新作となるアルバム。元cutman-boocheの金佑龍、泉まくらを迎えたコラボほか、beipanaによる「sign」のリミックス、アナログ限定リリースだった「NIGHT PARADE」も聴ける (CDジャーナル)

    1,234

    8曲収録

  • アルバム/1984/tio

    2015/5/27リリース

    1984
    tio
    2008年結成、三重出身の4人組インスト・バンドの12曲入りフル。nabowaらと同じ京都のbud music所属ということもあり、ジャム・バンド・スタイルに限定しない広がりのある演奏が魅力。スティールパンをメインの楽器にしている点も本作ではより効果的だ。同じ関西ということで脱線3のロボ宙も参加。 (CDジャーナル)

    1,543

    12曲収録

  • アルバム/ungraspable/tio

    2015/4/22リリース

    ungraspable
    tio

    771

    3曲収録

  • アルバム/toitoitoi/tio

    2014/1/15リリース

    toitoitoi
    tio
    2008年に三重県で結成された4人組インスト・バンドのサード・アルバム。ノスタルジックで心温まるカラフル&ドリーミーなメロディと、イージーリスニング的な楽曲はあるものの、多くの曲はそういった枠に収まらない多彩なアレンジのポップなナンバーで、曲ごとに異なる風景を見せてくれるのが魅力だ。 (CDジャーナル)

    1,849

    12曲収録

tioのおすすめ着信音 31 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ