吉田拓郎

吉田拓郎

1946年4月5日、鹿児島に生まれ、広島で育つ。高校時代からバンド活動を始め、68年に広島フォーク村結成に参加。70年にフォーク村の仲間たちとアルバムを発表。同年秋『青春の詩』でデビュー。翌71年『人間なんて』がヒットしてフォーク界の寵児となる。72年には「結婚しようよ」の大ヒットで幅広い人気を獲得。75年、フォーライフ・レコードの設立に参加。その後も、若手ミュージシャンやアイドルとの交流を深めるなど、エネルギッシュな活動を展開。2006年には31年ぶりにつま恋でフォーク・ライヴを開催し話題を呼んだ。

吉田拓郎のおすすめハイレゾ Hi-Res 62 ハイレゾ一覧

吉田拓郎のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 5 ハイレゾアルバム一覧

吉田拓郎のおすすめシングル 429 シングル一覧

吉田拓郎のおすすめアルバム 29 アルバム一覧

  • アルバム/AGAIN/吉田拓郎

    2014/6/18リリース

    AGAIN
    吉田拓郎
    セルフカヴァー14曲+新曲「アゲイン(未完)」の全15曲。一休みして英気を養い、元気に復活となった本作は声に若さと張りが戻ったようだ。力の抜け方が実にいい感じで、シンガーとしての魅力を再発見。「裏街のマリア」「爪」など松本 隆の詩との相性のよさが印象的で、そのあたりも興味深く聴ける。 (CDジャーナル)

    2,400

    15曲収録

  • アルバム/午後の天気/吉田拓郎

    2012/6/20リリース

    午後の天気
    吉田拓郎
    若き日に「人生を語らず」と歌っていた吉田拓郎もここでは遠くを見つめながら人生を語っている。たとえばラジオ『深夜便のうた』と連動した「僕の道」、「清流(父へ)」などに男の経験と実感がにじむ。『午前中に…』につづく3年ぶりの33作目。彼の人生の今は何章目ぐらいだろうか。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/吉田町の唄/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    吉田町の唄
    吉田拓郎

    1,852

    11曲収録

  • アルバム/detente/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    detente
    吉田拓郎

    1,852

    13曲収録

  • アルバム/176.5/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    176.5
    吉田拓郎

    1,852

    11曲収録

  • アルバム/ひまわり/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    ひまわり
    吉田拓郎

    1,852

    8曲収録

  • アルバム/MUCH BETTER/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    MUCH BETTER
    吉田拓郎

    1,852

    9曲収録

  • アルバム/サマルカンド・ブルー/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    サマルカンド・ブルー
    吉田拓郎

    1,852

    10曲収録

  • アルバム/吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋
    吉田拓郎

    2,160

    17曲収録

  • アルバム/俺が愛した馬鹿/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    俺が愛した馬鹿
    吉田拓郎

    1,852

    9曲収録

  • アルバム/FOREVER YOUNG/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    FOREVER YOUNG
    吉田拓郎

    1,852

    10曲収録

  • アルバム/情熱/吉田拓郎

    2006/4/5リリース

    情熱
    吉田拓郎

    1,852

    10曲収録

吉田拓郎のおすすめ着信音 100 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ