Ivy to Fraudulent Game

Ivy to Fraudulent Game

日本のロック・バンド。メンバーは寺口宣明(g,vo)、大島知起(g)、カワイリョウタロウ(b)、福島由也(ds)の4名。2010年10月に結成。2013年に〈閃光ライオット〉ファイナル出場で注目され、自主企画〈揺れる〉や全国ツアーなど精力的にライヴ活動を展開。2016年4月には初の全国流通盤となる1stミニ・アルバム『行間にて』を発表。TSUTAYA O-WEST、CLUB QUATTROでのワンマン公演がともにソールドアウトとなるなど、人気の高さを示す。2017年3月に2ndミニ・アルバム『継ぐ』をリリース。

Ivy to Fraudulent Gameのおすすめシングル 27 シングル一覧

Ivy to Fraudulent Gameのおすすめアルバム 4 アルバム一覧

  • アルバム/Parallel/Ivy to Fraudulent Game

    2018/9/26リリース

    Parallel
    Ivy to Fraudulent Game
    2017年4月に全国デビューした群馬県出身の4ピース・バンド、記念すべきメジャー1stシングル。心をかき鳴らすような唯一無二のサウンドと歌声が楽しめる表題曲のほか、ヴォーカル寺口の楽曲を初収録している。 (CDジャーナル)

    617

    3曲収録

  • アルバム/回転する/Ivy to Fraudulent Game

    2017/12/6リリース

    回転する
    Ivy to Fraudulent Game
    4人組ロック・バンド、Ivy to Fraudulent Gameのメジャー1stアルバム。アグレッシヴなナンバーからアンビエント、荘厳なバラードまで幅広い楽曲が魅力。再録化が望まれていた「青写真」「アイドル」「dulcet」「+」も収録。 (CDジャーナル)

    1,851

    9曲収録

  • アルバム/継ぐ/Ivy to Fraudulent Game

    2017/3/8リリース

    継ぐ
    Ivy to Fraudulent Game
    "マスロック、オルタナティヴなどのテイストを取り入れた音楽性で支持を集めている4ピース・バンドのセカンド・ミニ・アルバム。耽美的エレクトロの要素を反映させた「Utopia」、性急かつ緻密なアンサンブルを軸にした「Dear Fate,」など質の高い楽曲が並ぶ。抒情的な歌心を感じさせるヴォーカルも印象的だ" (CDジャーナル)

    1,234

    7曲収録

  • アルバム/行間にて/Ivy to Fraudulent Game

    2016/4/20リリース

    行間にて
    Ivy to Fraudulent Game

    1,234

    6曲収録

Ivy to Fraudulent Gameのおすすめ着信音 18 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ