斉藤由貴

斉藤由貴

1966年9月10日生まれ。横浜市出身。1984年、ミスマガジングランプリ受賞をきっかけに芸能界デビュー。以後、TV『野球狂の詩』『スケバン刑事』『はいすくーる落書』、連続テレビ小説『はね駒』などで活躍、女優としての地位を確立する。歌手としても、1985年「卒業」の大ヒット以来、数多くのシングル、アルバムを発表。

斉藤由貴のおすすめハイレゾ Hi-Res 87 ハイレゾ一覧

斉藤由貴のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 8 ハイレゾアルバム一覧

斉藤由貴のおすすめシングル 158 シングル一覧

斉藤由貴のおすすめアルバム 6 アルバム一覧

  • アルバム/ETERNITY/斉藤由貴

    2015/3/11リリース

    ETERNITY
    斉藤由貴
    デビュー30周年記念作品。若い時期を過ぎ、いつしか自分だけでなく、すべての人の幸せに思いを寄せる詩が胸を打つ「窓あかり」。ピアノとヴォーカルの同時録音で、静寂の中に漂う緊張感が伝わる「永遠」。谷山浩子と武部聡志という、歌手活動を語る上で不可欠な2名が参加した日本語の新曲が白眉。★ (CDジャーナル)

    2,000

    10曲収録

  • アルバム/moi(紙ジャケ Ver.)/斉藤由貴

    2009/8/5リリース

    moi(紙ジャケ Ver.)
    斉藤由貴
    斉藤由貴の94年発表の11枚目のアルバム。85年以来約10年ぶりとなる筒美京平からの提供曲「なぜ」「好き!」などのほか、全篇英詞のカヴァー曲も収録。タイトルはフランス語で「わたし」という意味。 (CDジャーナル)

    1,646

    11曲収録

  • アルバム/LOVE(紙ジャケ Ver.)/斉藤由貴

    2009/8/5リリース

    LOVE(紙ジャケ Ver.)
    斉藤由貴
    91年発表の10枚目となるアルバム。前作から1年半ぶりの作品で、シンプルなアレンジとウィスパー系の繊細なヴォーカルが特徴。作詞はすべて彼女自身によるもので、心の内側を綴ったものも多い。シングル・カットされた「いつか」ほかを収録。 (CDジャーナル)

    1,646

    11曲収録

  • アルバム/MOON(紙ジャケ Ver.)/斉藤由貴

    2009/8/5リリース

    MOON(紙ジャケ Ver.)
    斉藤由貴
    斉藤由貴の90年発表の9枚目となるアルバム。前作『age』に続きシングル曲未収録の作品で、詞はすべて彼女が手がけている。ルイ・アームストロングのカヴァーやナレーションによる語りも収録されている。 (CDジャーナル)

    1,646

    11曲収録

  • アルバム/ガラスの鼓動(紙ジャケ Ver.)/斉藤由貴

    2009/8/5リリース

    ガラスの鼓動(紙ジャケ Ver.)
    斉藤由貴
    斉藤由貴の86年発表の2作目のアルバム。松本隆・筒美京平コンビのヒット曲「初戀」「情熱」や、谷山浩子からの初の提供曲「土曜日のタマネギ」などを収録。「千の風音」はインストゥルメンタルになっている。 (CDジャーナル)

    1,646

    10曲収録

  • アルバム/age(紙ジャケ Ver.)/斉藤由貴

    2009/8/5リリース

    age(紙ジャケ Ver.)
    斉藤由貴
    斉藤由貴の89年発表の8枚目となるアルバム。作編曲はすべて崎谷健次郎が担当し、ハウス・サウンドを採り入れた「In my house」や井上陽水のカヴァー「夢の中へ」のカップリング「あなたの存在」などを収録。 (CDジャーナル)

    2,057

    10曲収録

斉藤由貴のおすすめ着信音 25 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ