m.c.A・T

m.c.A・T

北海道を中心にリズム・マシンとラップだけでストリート・ライヴを行ない注目され、93年にシングル「ボンバ・ヘッド」でデビュー。ヒップホップと日本語ラップを組み合わせた独特のスタイルで、多くのファンを獲得する。その後も日本語の特徴を活かしたラップで多くの曲をリリースし続けているが、最近ではDA PUMPのプロデュースも手がけヒットさせるなど、プロデューサーとしての活動も活発に行なっている。

m.c.A・Tのおすすめシングル 210 シングル一覧

m.c.A・Tのおすすめアルバム 29 アルバム一覧

  • アルバム/Bomb A Head!生誕20周年記念盤〜ありがとう編〜/m.c.A・T

    2013/11/20リリース

    Bomb A Head!生誕20周年記念盤〜ありがとう編〜
    m.c.A・T
    名曲「Bomb A Head!」の8種のヴァージョンを収めた生誕20周年記念盤。hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)をフィーチャーし、高野政所 a.k.a. DJ JET BARONがリミックスした高速ファンコット・アレンジから、ハードコア、トランス、果ては音頭までを収録。“ボンバヘ”で遊び倒した一枚。 (CDジャーナル)

    1,350

    7曲収録

  • アルバム/Bomb A Head! 生誕20周年記念盤/m.c.A・T

    2013/2/27リリース

    Bomb A Head! 生誕20周年記念盤
    m.c.A・T

    1,500

    11曲収録

  • アルバム/Music Conductor A・T/m.c.A・T

    2007/8/22リリース

    Music Conductor A・T
    m.c.A・T
    押尾学をフィーチャーしたコラボ・シングルで注目されたm.c.A・Tの2007年8月発表のアルバム。シングル同様にさまざまなアーティストをゲストに迎え、個性のぶつかりあった力強い仕上がりとなっている。 (CDジャーナル)

    2,400

    22曲収録

  • アルバム/m.c.+A・T/m.c.A・T

    2007/2/21リリース

    m.c.+A・T
    m.c.A・T
    多くの大ヒット曲を生み出してきたm.c.A・Tがさまざまなラッパーを引きつれ、ニュー・スタイルで復活した。AAAの浦田直也・日高光啓、FONKから12歳の最年少ラッパーYU=TAを迎え、ソウル、カントリー、ラテン系など多彩なサウンドとラップを融合。 (CDジャーナル)

    2,200

    13曲収録

  • アルバム/m.c.A・T Best Singles+/m.c.A・T

    2007/2/21リリース

    m.c.A・T Best Singles+
    m.c.A・T

    2,200

    17曲収録

  • アルバム/Uh〜lalala/m.c.A・T

    2007/1/24リリース

    Uh〜lalala
    m.c.A・T
    「Bomb A Head!」で一世を風靡したm.c.A・Tがなんと10年ぶりにリリースしたマキシ。今回は秘蔵っ子ラッパーdemiと渋谷・六本木のクラブを活動拠点とする若手ラッパーBumbleBeeを迎えての新ユニットとして、さらにパワー・アップしたサウンドを聴かせてくれる。 (CDジャーナル)

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/アニメ 天上天下オープニング主題歌「Bomb A Head! V」/m.c.A・T
  • アルバム/Returns !/m.c.A・T

    2004/2/4リリース

    Returns !
    m.c.A・T

    2,200

    14曲収録

  • アルバム/Bomb A Head ! Returns !/m.c.A・T

    2003/11/12リリース

    Bomb A Head ! Returns !
    m.c.A・T
    m.c.A・Tとして活動を始めて10周年でのセルフ・リメイク作。今回はアレンジをDJ FUMIYAに委ね、愛弟子であるDA PUMPをラップ部分とコーラスで参加させている。この10年間でのヒップホップの進化が感じられる一枚。 (CDジャーナル)

    1,050

    5曲収録

  • アルバム/One And Only/m.c.A・T

    1997/8/21リリース

    One And Only
    m.c.A・T
    今までの全シングルに新曲(15)を追加収録、さらにリマスタリングを行なった歌謡ラップのパイオニアが放つベスト盤。彼のソウルフルなヴォーカルもさることながら、最近では多方面で手腕をふるっているプロデューサー富樫明生のソングライティングが光る。 (CDジャーナル)

    2,200

    15曲収録

  • アルバム/Very Special Journey/m.c.A・T

    1997/2/26リリース

    Very Special Journey
    m.c.A・T

    1,000

    4曲収録

  • アルバム/Crossover/m.c.A・T

    1996/11/6リリース

    Crossover
    m.c.A・T
    これまではソウル色を強く押し出していたm.c.A・Tだが、本作では思いっきりヒップホップ色を押し出している。とくに安室奈美恵とデュエットした「Joy」の質の高さは、日本のヒップホップ・ソウルの雛型を完璧に作り得た、最高の出来。必聴だぜ。 (CDジャーナル)

    2,100

    11曲収録

m.c.A・Tのおすすめ着信音 9 着信音一覧

m.c.A・Tのおすすめ歌詞 13 歌詞一覧