banvox

banvox

東京を拠点に活動するプロデューサー/DJ。
2011年より活動を開始し、同年にインターネットレーベルMaltine Recordsよりリリースしたデビュー作『Intense Electro Disco』が僅か2 日間で4,000DLを記録。2012年にリリースしたデジタルEP『INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP』で米ダンス/クラブミュージック配信サイト最大手のBeatport 総合チャートで2位獲得という快挙を成し遂げ、更にAmazon Mp3 ダンスチャート1 位、iTunes ダンスチャート4 位、とデジタルチャートを席巻。クラブ/DJシーンにおいて一躍その名を轟かせる存在となる。その作品群はDavid Guetta やDirtyloud、BBC Asian Network 等に激賞され、2013年にはTHE HACIENDA OISO FESTIVAL 2013 やBIG BEACH FESTIVAL 13、Road to Ultra等 名だたるパーティーにも出演。以降deadmau5主宰のレーベルmau5trap からForeign Beggars ”Flying To Mars Banvox Remix”、deadmau5やSteve Aoki の作品をリリースする米大手レーベルULTRA RECORDS からMNDR"UBCL(Banvox Remix)" 等海外アーティストのリミックスを立て続けに担当。
2014年にはiTunesがその年に最も活躍が期待されるアーティストに送る“iTunes NEW ARTISTS 2014”に選出され、リリースしたシングル『Connection/Spin It Back Now』『Love Strong/Watch Me Dance』はそれぞれiTunes ダンス/エレクトロニックチャートで1位を獲得。
その勢いは留まる事を知らず、2015年2月には話題のGoogle Androidそして4月には自身初となるCD作品『Watch Me Dance』をタワーレコード限定でリリースし同作はタワーレコードのレコメンドタイトル”タワレコメン”にも選出。さらに9月にはDJとしてULTRA JAPAN 2014のメインステージに出演し、12月にリリースしたファーストフルアルバム『Don't Wanna Be』はiTunesダンスチャートで1位、総合アルバムチャートで4位を記録した。Google Android CM「じぶんを おもいきり」篇の楽曲プロデュースを担当。同曲は音楽検索アプリ最大手Shazamジャパンチャート1位を記録し話題に。
そして5/20にリリースした『Summer / New Style』はiTunesダンスチャートの1位2位を独占。立て続けにリリースしたEP『At The Moment』では自身初となるMVも公開。
ULTRA KOREA、ULTRA EUROPE等海外フェスへの出演、そしてフジロックフェスティバル2015出演。さらに2年連続となるULTRA JAPAN 2015への出演。11月には2度目となるGoogle Android CM楽曲を担当。同CMに起用された”Watch Me”は米大手配信サイトBeatport Dubstep Chart、iTunes Dance Chart、そしてShazam Japan Chartで1位と三冠を達成。その注目度の高さを証明した。さらに2016年4月にはモード学園の新CM楽曲プロデュースを担当、とその勢いはとどまる事を知らない。
banvoxが繰り出す最先端の音楽は海を超え、どこまでも広がり続ける。

banvoxのおすすめシングル 41 シングル一覧

banvoxのおすすめアルバム 8 アルバム一覧

banvoxのおすすめ着信音 35 着信音一覧

こちらのアーティストもおすすめ

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ