角松 敏生

角松 敏生

1960年8月12日、東京都生まれのシンガー・ソングライター/プロデューサー。81年にシングル「YOKOHAMA Twilight Time」とアルバム『シー・ブリーズ』でデビュー。都会的で洗練されたAORやブラック・コンテンポラリー色の濃いサウンドで注目を浴びる。また、杏里「悲しみが止まらない」、中山美穂「You're My Only Shinin' Star」など楽曲提供も数多い。97年には謎の覆面バンド“AGHARTA”名義で「WAになっておどろう」がヒット、V6にもカヴァーされた。その後一時活動を休止していたが、98年に再開。楽曲制作、プロデュース、ツアーと精力的に活動している。

角松 敏生のおすすめハイレゾ Hi-Res 33 ハイレゾ一覧

角松 敏生のおすすめハイレゾアルバム Hi-Res 4 ハイレゾアルバム一覧

  • ハイレゾアルバム/Breath From The Season 2018〜Tribute to Tokyo Ensemble Lab〜/角松 敏生

    2018/4/25リリース

    Breath From The Season 2018〜Tribute to Tokyo Ensemble Lab〜
    角松 敏生
    2018年4月25日リリースのアルバム。「Lady Ocean」「SHIBUYA」「I'LL CALL YOU」など過去の楽曲を、管楽器を主体にしたジャズ的なアレンジでリメイクしている。 (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    12曲収録

  • ハイレゾアルバム/SEA IS A LADY 2017/角松 敏生

    2017/5/10リリース

    SEA IS A LADY 2017
    角松 敏生

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    11曲収録

  • ハイレゾアルバム/SEA BREEZE 2016/角松 敏生

    2016/3/16リリース

    SEA BREEZE 2016
    角松 敏生
    デビュー35周年を記念し1stアルバム『SEA BREEZE』をリミックスした一枚。村上“ポンタ”秀一、鈴木茂、斉藤ノブ、後藤次利らが参加しており、シティ・ポップ/J-AORの金字塔とも呼べる内容だ (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    8曲収録

  • ハイレゾアルバム/THE MOMENT/角松 敏生

    2014/3/19リリース

    THE MOMENT
    角松 敏生
    イエスへのオマージュ作という21分におよぶ「The Moment of 4.6 Billion Years」をメインに据えた角松敏生のアルバム。角松流プログレは往年のジノ・ヴァネリのようだ。「Get Back to the Love」は本格的なゴスペルクワイアと五十路を越えてなお、この飽くなきチャレンジ精神は凄い (CDジャーナル)

    3,200

    FLAC

    24bit/96kHz

    5曲収録

角松 敏生のおすすめシングル 64 シングル一覧

角松 敏生のおすすめアルバム 5 アルバム一覧

  • アルバム/Breath From The Season 2018〜Tribute to Tokyo Ensemble Lab〜/角松 敏生

    2018/4/25リリース

    Breath From The Season 2018〜Tribute to Tokyo Ensemble Lab〜
    角松 敏生
    2018年4月25日リリースのアルバム。「Lady Ocean」「SHIBUYA」「I'LL CALL YOU」など過去の楽曲を、管楽器を主体にしたジャズ的なアレンジでリメイクしている。 (CDジャーナル)

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/SEA IS A LADY 2017/角松 敏生

    2017/5/10リリース

    SEA IS A LADY 2017
    角松 敏生
    1987年に発売したインストゥルメンタル・アルバム「SEA IS A LADY」を再録音、30年の時を超え 「SEA IS A LADY 2017」リリース!

    2,100

    11曲収録

  • アルバム/SEA BREEZE 2016/角松 敏生

    2016/3/16リリース

    SEA BREEZE 2016
    角松 敏生
    デビュー35周年を記念し1stアルバム『SEA BREEZE』をリミックスした一枚。村上“ポンタ”秀一、鈴木茂、斉藤ノブ、後藤次利らが参加しており、シティ・ポップ/J-AORの金字塔とも呼べる内容だ。 (CDジャーナル)

    2,000

    8曲収録

  • アルバム/THE MOMENT/角松 敏生

    2014/3/19リリース

    THE MOMENT
    角松 敏生
    イエスへのオマージュ作という21分におよぶ「The Moment of 4.6 Billion Years」をメインに据えた角松敏生のアルバム。角松流プログレは往年のジノ・ヴァネリのようだ。「Get Back to the Love」は本格的なゴスペルクワイアと五十路を越えてなお、この飽くなきチャレンジ精神は凄い。 (CDジャーナル)

    2,100

    5曲収録

  • アルバム/1998〜2010/角松 敏生

    2011/4/27リリース

    1998〜2010
    角松 敏生
    2011年でデビュー30周年を迎える角松敏生のCD2枚組ベスト・アルバム。98年から2010年の直近の作品群からのセレクト。ジェリー・ヘイとのコラボ曲「Lunafairymiena」などのR&Bサウンドに加え、「風車」では日本の伝統楽器を加えダイナミックな広がりを垣間見ることができる。 (CDジャーナル)

    3,000

    30曲収録

角松 敏生のおすすめ着信音 20 着信音一覧

角松 敏生のおすすめ歌詞 20 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ