仲道 祐子(ピアノ)

仲道 祐子(ピアノ)

ピアニスト。金原美津子、安部紀子、中島和彦に師事。父の仕事の都合で渡米、シルヴィア・ミューリングにピアノを学ぶ。その後、桐朋女子高等学校音楽科を経て、1986年、ドイツへ渡り、クラウス・シルデのもとで研鑚を積む。ミュンヘン国立音楽大学、同大学院ピアノ科及び室内楽科を卒業。ハンブルグを拠点にソロ、室内楽の分野で活躍する。イタリアのアドルフォ・L・アブレダ国際ピアノ・コンクール最高位第2位、第37回マリア・カナルス国際音楽コンクール第2位、第10回ロベール・カサドシュ国際ピアノ・コンクール第3位など受賞歴多数。1996年、日本でのデビュー・リサイタルを機に、日本に活動の拠点を移す。国内外の著名なオーケストラとの共演を初め、最近では実姉、仲道郁代とのピアノ・デュオや、朗読とのコラボレーションでR.シュトラウスのメロドラマ「イーノック・アーデン」を上演するなど幅広い活動を行っている。