三田 明

三田 明

1947年6月14日生まれ。東京都出身。1962年日本テレビ『ホイホイ・ミュージックスクール』に合格。吉田正に師事、門下生になる。63年ビクターレコードより「美しい十代」でデビュー。64年ごめんねチコちゃんとヒット。写真家・秋山庄太郎に日本一の美少年と絶賛され、アイドル歌手としてのスタートを切る。64年紅白歌合戦に初出場。以後5年連続出場する。83年から5年「長七郎江戸日記」レギュラー出演。93年歌手生活30周年記念アルバム『心の出発』発売。

三田 明のおすすめシングル 34 シングル一覧

三田 明のおすすめアルバム 5 アルバム一覧

  • アルバム/こんな俺でよければ/三田 明

    2017/6/14リリース

    こんな俺でよければ
    三田 明
    1963年に「美しい十代」でデビューした三田 明のデビュー55周年と古希(70歳)を記念したシングル。大人の男の優しさと哀愁をさりげなく歌った「こんな俺でよければ」と、ディキシー・ジャズの軽快なサウンドが楽しい「気のいい男」の2曲を収録。大人の余裕を感じる一枚 (CDジャーナル)

    926

    4曲収録

  • アルバム/演歌みたいな夜ですね/三田 明

    2015/5/27リリース

    演歌みたいな夜ですね
    三田 明
    「美しい十代」で鮮烈デビューを飾ってはや半世紀が経過(!)、60代後半になった三田 明のシングルはカントリー調の新感覚歌謡。詞はあきらかに演歌調なのだが、“美しい60代”が普通に歌っては面白くないといわんばかりのカントリー歌謡で、好感度バツグン。さすがの貫禄を示す。 (CDジャーナル)

    926

    4曲収録

  • アルバム/五十周年記念アルバム/三田 明

    2012/10/10リリース

    五十周年記念アルバム
    三田 明
    青春歌謡の第一人者として御三家と並ぶ人気を誇った三田明のデビュー50周年記念作。大ヒット「美しい十代」や「ごめんねチコちゃん」、吉永小百合とのデュエット「明日は咲こう花咲こう」などの代表曲に加え、新曲3曲と「美しい十代」を大人向けにアレンジしたエルダー・ヴァージョンも収録。 (CDジャーナル)

    2,160

    20曲収録

  • アルバム/北のなごり駅/三田 明

     

    北のなごり駅
    三田 明
    63年に「美しき十代」でデビューしてから芸能生活はやがて半世紀になろうかという三田明のシングルは、作曲に「ラブユー東京」「わたし祈ってます」の中川博之、だから当然のことながら、本格ムード歌謡。カップリングはデビュー曲と同じく吉田正で、しっとりと歌い上げている。 (CDジャーナル)

    926

    4曲収録

  • アルバム/美しい時代をもう一度/三田 明

     

    美しい時代をもう一度
    三田 明
    昭和30年代に活躍した“美しい十代”、元祖ティーン・アイドル三田明のシングル。演歌というよりは、彼の全盛期の歌謡曲に忠実な曲調で、今の時代ではまず再現は不可能な遠い日の清潔感あふれる青春を清々しく歌い切っている。今の時代にある意味貴重。 (CDジャーナル)

    771

    3曲収録

三田 明のおすすめ着信音 19 着信音一覧

三田 明のおすすめ歌詞 19 歌詞一覧

こちらのアーティストもおすすめ