First Class Lounge 〜ゆったり心地よいボサノヴァ・ラウンジセッション〜 (Luxury & Relaxin' Bossa Lounge Session)/Cafe lounge Jazz

アルバム

First Class Lounge 〜ゆったり心地よいボサノヴァ・ラウンジセッション〜 (Luxury & Relaxin' Bossa Lounge Session)

Cafe lounge Jazz

2019/8/31リリース

10曲収録

1,070

再生時間:36分51秒 / コーデック:AAC(320Kbps)

ファイルサイズ:87.10 MB

■人気シリーズ最新作!初のVoナンバーも含んだメロウでスウィートなボッサ/ジャズ・サウンド。コーヒータイムに最適な選曲&ジャジー・アレンジでお届けする「ゆったり聴きたいカフェBGM」。”上質のカフェにいるようなリラックスし落ち着いた空間を演出するためのBGM”というコンセプトのもと制作された企画盤だが、そこから派生したのが今作の「First Class Lounge」シリーズ。リラクゼーション目的というよりも、音楽そのものを楽しむことを目的にセレクトされたジャジーなナンバーが揃っている。様々な編成での本格派ジャズ・コンボ・サウンドをメインにお届けしている同シリーズであるが、今作はピアノ+フルートによるデュオ・サウンドに加え、ゲスト・ヴォーカル曲を加えた豪華ヴァージョン。メンバーはいずれも初参加となるIllana(Vo)、Fumiko Kido(P)、Naohiko Amatatsu(Fl)。ボサノヴァの名曲を中心にスタンダード&ポップス・ナンバーも取り上げた幅広い選曲を、主にボサノヴァ特有の柔らかで優しげなリズムとアレンジでもって優しくメロウでスウィートなサウンドに仕上げている。リズミカルさと柔らかさを両立したピアノ、安定したロングトーンと緩急ついたアタックのフルートも聴きどころであるが特に注目なのはゲスト・ヴォーカルの3曲。柔らかさの中にも影も見える魅力的なトーンは必聴!落ち着いたトーンのアルバムにさらに華を添えてくれている。オススメは、歌心溢れるプレイが良いボッサの名曲の1&2曲目「So Nice」「Agua De Beber」、様々な表情を見せてくれるVoナンバーの4&5曲目「How Insensitive」「One Note Samba」。新たな側面を見せてくれた人気シリーズの最新作、ボサノヴァのメロウな世界観をメインに、ピアノとフルートの掛け合いとスウィートなヴォーカルがたっぷりと楽しめる、聴きどころ満載のジャズ・デュオ+1作品!Piano: Fumiko KidoFlute: Naohiko AmatatsuVocal: Illana

収録曲

ハイレゾアルバムHi-Res

Cafe lounge Jazzの他のアルバム アルバム一覧