『イデア-idea-』 〜耳でみる絵本シリーズより〜/佐藤 洋平

アルバム

『イデア-idea-』 〜耳でみる絵本シリーズより〜

佐藤 洋平

2018/12/24リリース

5曲収録

1,250

再生時間:19分10秒 / コーデック:AAC(320Kbps)

ファイルサイズ:44.44 MB

■『イデア-idea-』 ~耳でみる絵本シリーズより~

【物語/作曲/演奏:佐藤 洋平 朗読:佐久間 レイ】

■Prelude & The 1st movement
-世界一自由で不自由な街-

■The 2nd movement
-小さな木-

■The 3rd movement
-イデアとアナム-

■The 4th movement
-心の声-

■The 5th movement [Coda]
-クラウン-



【クラシックギターと朗読による本作。5つのチャプターで構成されており、5つで1つの物語を奏でます。チャプター1から順にご視聴下さい。】


【あらすじ】
人と関わることを嫌う少年イデアは、毎日街外れの鉱山で一人石を拾っています。
朝から晩まで雨の日も雪の日も休むことなく。

ある日、イデアはある小さな木に出会い、誰にも知られたくない秘密を知られてしまう。

イデアの秘密が明かされた時、不条理な歯車が音も立てずに動き出す。


【作家コメント】
街には様々な音が言葉が飛び交っていて、
その中に紛れ込んでいる怒号 愚痴 悪口 ため息 舌打ち そして、それらをぶつけられたモノの悲鳴などが無差別に耳から侵入し、心に影を落とす。(不思議なもので上記の侵入者たちが発音される背景に愛があると少なくとも僕の心には影は落とさない)

数秒前まで 「いい天気だな~」 とあっけらかんとしていたのに、心の天候は一気に荒れる。

自分には関係ないことを
自分にも関係あることにしてしまう。

それくらい言葉をはじめとした音の力は絶大で。それは、本当に痛いほど知っています。
でも、逆も勿論ありえる。ありえた。

目や口や鼻は塞げるけど、
耳は手を使っても簡単には塞げない。

だからこそ、愛ある音を 言葉を。

この作品『イデア-idea-』が子供たちの心の中に優しい日差しを注ぎ、0が1になることを切に願います。
-耳でみる絵本作家 佐藤 洋平-

『耳でみる絵本』とは1人の朗読 と1本のクラシックギターによる音作品であり、朗読者の創造力とギタリストの創造力により聴手の想像を生む作品です。
朗読以外の全て(物語/作曲/演奏)を耳でみる絵本作家である佐藤洋平が一人で創作しております。
それによりBGMではない心情、風景、時の流れ、心の流れなどを表現する完全に物語と一体化した音楽を可能としております。
【物語と一体化した音像】と【声の匠 声優】による朗読が絡み合い、今までにない音作品を生み出しております。
それは聴手が作家となり、頭の中に心の中に自分だけの絵を描く耳の絵本 これが『耳でみる絵本』です。
スマートフォンの普及 便利さの追求 により、忘れられ、失われつつある 【聴き 考え 想像し理解する】 という人間ならではの力が今、大切であると
そして、想像力は思いやりの力に繋がると考え、制作しております。

『耳でみる絵本』は2017年5月にオーディオブック業界最大手(株)オトバンクから配信をスタート致しました。
https://pages.audiobook.jp/special/mimiehon/index.html

-胎児期 新生児 乳児期 幼児期 児童期- 各対象期別に制作されており、様々なテーマ 目的のある「育耳絵本」として好評頂いております。
音声のみの作品である為、様々な場所で、そして子供だけでなく、高齢や障害等により本を読むことが困難な方でも楽しむことの出来る新しい絵本です。

収録曲

ハイレゾアルバムHi-Res