voice/本宮宏美

アルバム

voice

本宮宏美

2018/8/29リリース

12曲収録

新潟県燕市出身の女流フルート奏者/ソングライターの通算10作目。メロディ主体のオーソドックスなポップスもあるが、むしろ面白いのはリズム・セクションが入った作品か。ヨーロッパのフォーク・ダンス風あり、アイリッシュなジグやリールをベーシックにした作品など、バリエーションとしても面白い。★ (CDジャーナル)

1,800

再生時間:42分31秒 / コーデック:AAC(320Kbps)

ファイルサイズ:101.98 MB

■フルーティスト-ソングライター=笛人本宮宏美フルート奏者がセンターに立ち、自ら創作する楽曲を歌うように奏でる固有のスタイルにて、通算10アイテムのCDをリリース。。左足に障害を持って生まれたため学校では運動も出来ず、それであれば音楽家になろうと幼少期に決意。アコースティックギターをベースとしたバックに低音域を多用したフルートサウンドを乗せ、時に癒しや温かさを、時に背中をそっと押す力を感じさせる曲調で、近年、NHKをはじめ、全国放送テレビ番組等で多数の楽曲が採用されています。また、YouTube動画サイトでは、国内よりも海外からの視聴が「桁違い」に多い事も特徴。

収録曲

ハイレゾアルバムHi-Res

  • voice
    本宮宏美
    新潟県燕市出身の女流フルート奏者/ソングライターの通算10作目。メロディ主体のオーソドックスなポップスもあるが、むしろ面白いのはリズム・セクションが入った作品か。ヨーロッパのフォーク・ダンス風あり、アイリッシュなジグやリールをベーシックにした作品など、バリエーションとしても面白い。★ (CDジャーナル)

    24bit/96kHz

    12曲収録

    2,800

    FLAC

本宮宏美の他のアルバム アルバム一覧