ACID TEKNO DISKO BEATz/石野 卓球

アルバム

ACID TEKNO DISKO BEATz

石野 卓球

2017/12/27リリース

10曲収録

通算9作目のオリジナル・ソロ。アシッド・ハウス、ミニマル・テクノ、ディスコ、ハウスのビートなど過去のダンス・ミュージックの良さを部分部分で抽出してポップなフックでつなぎ合わせたような作品で、愛嬌もあるしどこか懐かしいけど、作りはとても丁寧だし、実際のフロア向けの機能的な側面もある (CDジャーナル)

2,100

再生時間:73分50秒 / コーデック:AAC(320Kbps)

ファイルサイズ:172.05 MB

収録曲

ハイレゾアルバムHi-Res

  • ACID TEKNO DISKO BEATz
    石野 卓球
    通算9作目のオリジナル・ソロ。アシッド・ハウス、ミニマル・テクノ、ディスコ、ハウスのビートなど過去のダンス・ミュージックの良さを部分部分で抽出してポップなフックでつなぎ合わせたような作品で、愛嬌もあるしどこか懐かしいけど、作りはとても丁寧だし、実際のフロア向けの機能的な側面もある (CDジャーナル)

    24bit/48kHz

    10曲収録

    3,200

    FLAC

石野 卓球の他のアルバム アルバム一覧

  • アルバム/EUQITANUL/石野 卓球

    2016/12/21リリース

    EUQITANUL
    石野 卓球

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/LUNATIQUE/石野 卓球

    2016/8/3リリース

    LUNATIQUE
    石野 卓球
    石野卓球の6年ぶりのオリジナル・アルバムは、テクノ・マエストロの面目躍如たる“官能と恍惚”のエレクトロ・ミュージック集。ジャケットには38年前の成人向け雑誌『漫画エロトピア』の表紙を使用するなど徹底した世界観も魅力的。 (CDジャーナル)

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/WIRE TRAX 1999-2012/石野 卓球

    2012/7/4リリース

    WIRE TRAX 1999-2012
    石野 卓球
    日本が誇る“テクノ・レジェンド”石野卓球の主催でスタートしたテクノ・レイヴ・イヴェント“WIRE”コンピ。1999〜2012年までの石野卓球のWIRE関連楽曲をたっぷりと収録。2012年8月の“WIRE 12”へ向けても重宝する一枚。 (CDジャーナル)

    2,900

    21曲収録

  • アルバム/throbbing disco cat/石野 卓球

    2012/5/8リリース

    throbbing disco cat
    石野 卓球

    2,100

    12曲収録

  • アルバム/CRUISE/石野 卓球

    2010/8/18リリース

    CRUISE
    石野 卓球
    2004年の『TITLE 2+ 3』以来、6年ぶりソロ作品となるミニ・アルバム。すっかり夏の風物詩となったイベント“WIRE”をはじめ、国内外のクラブを沸かせているテクノDJとしての側面を前面に出した全6曲を収録する。「Hukkle」の巻上公一の声をはじめ、ストイックななかにきらめく彩り豊かな音が美しい。 (CDジャーナル)

    1,500

    6曲収録

  • アルバム/TITLE#2+#3/石野 卓球

    2004/4/21リリース

    TITLE#2+#3
    石野 卓球
    『TITLE#1』に比べてポップなアプローチでおくる、2枚組6thアルバム。多彩なゲストを迎え、自身がヴォーカルをとる曲があったりと、バラエティに富んだ内容。全曲ノンストップ収録で、ディスコティックな快楽性もたっぷり。 (CDジャーナル)

    2,900

    20曲収録

  • アルバム/The Rising Suns/石野 卓球

    2004/3/24リリース

    The Rising Suns
    石野 卓球

    750

    3曲収録

  • アルバム/TITLE#1/石野 卓球

    2004/3/24リリース

    TITLE#1
    石野 卓球
    フロアのムードをCDに変換することをテーマとした、石野卓球の3年ぶりのオリジナル・ソロ・アルバム。ヴォーカル曲からハードでダークなナンバーまで、バラエティに富んだ13トラックをノンストップ収録。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/シティボーイズミックスPRESENTSパパ・センプリチータ オリジナルサウンドトラック 音楽:石野卓球/石野 卓球

    2003/2/1リリース

    シティボーイズミックスPRESENTSパパ・センプリチータ オリジナルサウンドトラック 音楽:石野卓球
    石野 卓球
    毎年ゴールデンウィークに行なわれるシティボーイズの公演。その音楽を担当した石野卓球によるサントラ。テクノをバックに、シティボーイズらの声をサンプリングした(?)曲が並ぶ。なかでもナイロン100℃の犬山犬子による歌がハマリすぎ。 (CDジャーナル)

    2,100

    16曲収録

  • アルバム/BERLIN TRAX/石野 卓球

    2003/1/22リリース

    BERLIN TRAX
    石野 卓球

    2,100

    10曲収録

  • アルバム/KARAOKEJACK/石野 卓球

    2001/4/25リリース

    KARAOKEJACK
    石野 卓球
    電気グルーヴのリーダーを務める石野卓球が放つ、最新アルバム。先行シングルを含む13曲にはすべて、世界的に認められた彼ならではの遊び心が満載。彼の久々のヴォーカル・トラックも収録。 (CDジャーナル)

    2,100

    13曲収録

  • アルバム/stereo nights/石野 卓球

    2001/3/23リリース

    stereo nights
    石野 卓球

    750

    3曲収録

スマートフォンサイトで
購入いただけます。
詳しくはコチラ